アップルウォッチは4月発売。アップル売上・利益過去最高

watch-150128

突然だが想像してみてほしい。
耳と口に接して使用していた端末が、次は手首までをカバーしようとしていることを。

アップルのティム・クックCEOは、腕時計型の情報端末「アップルウォッチ」を2015年4月に発売することを発表しました。

アップルウォッチは、アップルが初めて手掛けるウェアラブルデバイスです。時計の表示はもちろんのこと、メールなどのメッセージを送信、地図アプリの使用や心拍センサーを内蔵していることにより運動時のカロリー消費などフィットネス情報も取得できる端末となっています。

ティム・クックCEOは会見で「私自身毎日使っていて、これなしではいられなくなった。アップルウォッチへの期待はとても高い」とアピールしました。

Apple 「Apple watch」
http://www.apple.com/jp/watch/

スポンサーリンク

アップルウォッチ

ウェアラブルデバイスはこれまでにも、心拍センサーを内蔵するなどした運動計測機能をつけるなど、身体につける端末ならではの健康状態や運動状態の確認を行える端末が発売されています。

AndroidやiPhoneとも連携する機能を持つものもあるなど、すでに競合製品が多々ある中でのアップルウォッチ投入となりますが、アップルらしく後発のメリットを生かした既存製品の問題点を解決する製品に仕上がってくるのではないでしょうか。

「身につけるためにデザインされた、初めての製品なのですから。」とアップルが謳うように、文字盤の大きさやケースの素材、バンド部分を好みのスタイルから組み合わせることができ、身に着けることが楽しくなるのではないでしょうか。

また、操作面においても既存のウェアラブルデバイスとは一線を画しています。これまでの製品を小さな画面をスマホと同様にタッチして操作することが主な手段でしたが、アップルウォッチでは「クラウン」と名付けられたダイヤルがつけられています。

「クラウン」は腕時計の「リューズ」と呼ばれる側面にある時間調整やゼンマイを巻くつまみ部分のことを言います。「クラウン」を用いることで、腕時計でその操作になれた人にもなじみやすく、小さなタッチパネルで難しい細かな操作も「クラウン」でスムースに行えるように工夫されています。

スマートフォンを持つようになり、腕時計をしなくなった人も多いと思います。アップルウォッチは腕時計にない新たな機能を備えて、人の手首に返り咲く端末となりうるのでしょうか。

詳細なスペックは発売直前に明らかにされ予約の受付も開始されるものと思われます。2015年第1四半期中に、2,800万台のアップルウォッチを出荷するのでは、という予測もあり実物をぜひチェックしてみたいですね。

「アップルウォッチ」は当初、3月に発売されるのではという見込みもありましたが、最大の連続使用時間が4時間程度、日常生活で平均1日という情報もあり、この点においては既存のウェアラブルデバイスを上回ることは出来ておらず、発売が遅れているのはこのためではないかとも考えられています。

残念ながら、現在のところアップルウォッチの初期販売エリアに日本は含まれていません。日本でも早く発売されることを期待しましょう。

四半期決算で売上高・利益過去最高

アメリカのIT企業アップルは去年10月から12月までの四半期決算を発表し、スマートフォン「iPhone6」の販売が好調だったことから、売上高と最終利益が大きく増加し、ともに過去最高となりました。

アップルは27日、去年10月から12月までの四半期決算を発表し、売上高はおよそ746億ドル(およそ8兆8000億円)で、前の年の同じ時期より29.5%増加しました。
また、最終利益はおよそ180億ドル(およそ2兆1000億円)で、前の年より37.9%増加し、売上高と最終利益ともに過去最高となりました。
主な要因についてアップルは、去年9月に世界で発売した「iPhone6」が年末商戦で好調で、この時期の「iPhone」シリーズ全体の販売台数がおよそ7450万台と前の年の1.5倍近くに増えたためだとしています。
アップルのティム・クックCEO=最高経営責任者は、「アップル製品の需要が過去最高となったこの四半期はすばらしく、顧客に感謝したい」と話しています。
アップルとともに世界のスマートフォン市場で2強とも言われる韓国のサムスン電子が、中国メーカーとの競争の激化で苦戦しているだけに、「iPhone」という大ヒット商品を持つアップルの好調さが際立っています。

NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150128/k10015019561000.html

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です