金運アップ!?お金が貯まる「春財布」を買うならこの日だ!

wallet-150113

突然だが想像してみてほしい。
あなたの財布に溢れんばかりのお札が詰まっているところを。

春財布、という言葉をご存知ですか。春は金運アップのために財布を買うのに適しています。風水では財布を買う人、使い始める日が重要と言われています。

お金はいくらあっても困ることはありません。財布にはそれなりにお金をかけて、金運アップを心がけていたのに出ていくばかりの方は、財布を買った日、使い始めた日が悪かったのかもしれません。

結婚式やおめでたいことを始めるにあたって、大安吉日の日を意識するのと同様に財布を買う日、使い始める日にも相応しい日があります。

財布を買う日、使うまでにしておくこと、使い始める日をそれぞれご紹介します。

スポンサーリンク

「春財布」=「張る財布」=財布がお金で張り詰める!

財布の購入を検討している方は、諸説ありますが冬至(2014/12/22)から啓蟄(2015/3/6)までの期間に購入されることをお勧めします。この時期に買う財布は「春財布」と呼ばれ、「張る財布」とも言えることから縁起がとても良いとされています。

「大安」をはじめ、暦上で吉日とされている日は金運もアップします。そんな吉日とされる日は次の通りです。

天赦日(てんしゃにち)

百神が天に昇り、天が万物の罪を赦す日とされており最上の大吉日です。天赦日は季節と日の干支で決まり、年に5回または6回しかない、とても貴重な日です。

  • 2015/03/03(火)

一粒万倍日(いちりゅうまんばいにち)

一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味をもち、一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされていて、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされています。ただし借金ををすると万倍になり凶となるので注意してください。

  • 2015/01/15(木)
  • 2015/01/24(土)
  • 2015/01/27(火)
  • 2015/02/06(金)
  • 2015/02/11(水)
  • 2015/02/18(水)
  • 2015/02/23(月)
  • 2015/03/02(月)
  • 2015/03/10(火)
  • 2015/03/15(日)
  • 2015/03/22(日)
  • 2015/03/27(金)

寅の日

十二支の寅(とら)にあたる日で、12日ごとに巡ってくる吉日です。虎は素早く「千里を行って千里を帰る」ことから、この日に旅行に出かけると安全に帰ってくることが出来るといわれています。虎の黄金色は金運にも繋がり、寅の日に財布を新調すると「お金を使っても戻ってくる」効果が期待できるとされています。

  • 2015/01/14(水)
  • 2015/01/26(月)
  • 2015/02/07(土)
  • 2015/02/19(木)
  • 2015/03/03(火)
  • 2015/03/15(日)
  • 2015/03/27(金)

立春

旧暦、風水では立春が新年にあたります。新しい物事を始めるのに吉とされているので新しい財布を買うならこの日が良いかももしれません。

  • 2015/02/04(水)

大安

すべてにおいて良いとされている日で結婚式の日取りなどに選ばれることが多い、何かをはじめるには最適の日です。財布を大安の日に購入し、寅の日に使いはじめる、というのが良いのではないでしょうか。

  • 2015/01/15(木)
  • 2015/01/25(日)
  • 2015/01/31(土)
  • 2015/02/06(金)
  • 2015/02/12(木)
  • 2015/02/18(水)
  • 2015/02/23(月)
  • 2015/03/07(土)
  • 2015/03/13(金)
  • 2015/03/19(木)
  • 2015/03/23(月)
  • 2015/03/29(日)

金運を上げる「春財布」を買う日、使いはじめるのはこの日だ!

吉日の説明を見ていただくと分かるように、「手に入れる日」と「使いはじめる日」は別々のほうが良いことがわかると思います。

「手に入れる日」候補日は「天赦日」「立春」「寅の日」「大安」のいずれか、「使いはじめる日」は「天赦日」「一粒万倍日」「寅の日」「大安」となります。

春財布を「手に入れる日」

  • 2015/02/04(水)「立春」「満月」

「立春」でかつ満月にも重なる日です。新月から少しずつ満ちてきたパワーが最高潮となる満月の日は、金運を上げる効果もあるので心機一転、財布を新調するのに最適といえるでしょう。

  • 2015/02/19(木)「寅の日」「新月」

「寅の日」かつ新月の日となります。月が成長していくはじまりの日は、財布の金運も成長していくと考えられます。

  • 2015/01/25(日)「大安」
  • 2015/01/31(土)「大安」
  • 2015/02/07(土)「寅の日」

平日に財布を買いに行けない、という方ももちろんいらっしゃるでしょう。「大安」か「寅の日」にぜひお出かけしましょう。

春財布を「使いはじめる日」

  • 2015/03/03(水)

「天赦日」「寅の日」が重なるひな祭りの日です。最上の大吉日であり、お金を使っても戻ってくる効果がある3月3日が「春財布」を使いはじめるベストな一日といえるでしょう!

どんな財布でも良いの?

形については、二つ折り財布よりは長財布が良いとされています。お札が折り曲げられて窮屈に感じると、居心地が悪くすぐに出ていくことになります。どちらの財布を選ばれたにしても、財布の中にレシートを貯めこまない、小銭をたくさん入れすぎないことが重要です。

素材については、やはり本革がベストです。上質な牛革には貯める力があり、クロコダイルには金運を維持する力、ヘビには大きなお金が入る力があるとされています。

色については、赤・黄・青は避けてください。黄色は金運の色じゃないの?とお思いかもしれませんが、財布に黄色を用いると散財を招くことになります。黒色は今あるお金を守り地位やステータスを上げてくれます。茶色やベージュはお金を貯めてくれるカラーです。

今までの良くない金運をリセットします。
今あるお金を守り、地位やステータスを上げてくれます。
お金を貯める運気が強くなります。
ベージュ
金銭の安定が得られます。
ピンク
人間関係が良くなることでお金を増やしてくれます。

春財布を購入後から使いはじめるまで

手に入れた瞬間からすぐに使いはじめたいところですが、せっかく運気の良い日に手に入れた財布ならば、運気の良い日に使いはじめたいものですがちょっと待ってください。

9日間はなるべく多くのお札を入れて保管しておきましょう。財布はその金額を記憶し、いつも同程度のお金に保つように働いてくれます。また実際のお札ではなく、同じ大きさに切り揃えた紙でも良いと言われていますので、ぜひ実行してみましょう。

財布の中にはレシートやカードを入れすぎない、お札の向きは揃えて入れるなど有名なものもたくさんありますが、寿命は1,000日と言われています。よく働いてくれたことに感謝し、また次の新しい財布を大切に使いましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です