フランスTVでヘリコプター衝突事故、スポーツ選手ら多数犠牲

tv-150310

アルゼンチンの北西部ラリオハ州で3月9日、ヘリコプター2機が空中で衝突する事故が発生し、墜落しました。この事故によりフランスの有名スポーツ選手を含む、10人の死亡が確認されています。

アルゼンチン治安当局はアルゼンチン人パイロット2人とフランス人乗客8人はいずれも死亡したと発表し、詳しい事故原因の調査を進めています。

報道によると、フランスのテレビ番組で、過酷な環境におかれたスポーツ選手のサバイバルを追うリアリティー番組「ドロップト(Dropped)」のためにアルゼンチンで撮影を行っていたということです。

ヘリに搭乗していたスポーツ選手は、2012年ロンドンオリンピック水泳400m自由形金メダリストのカミーユ・ムファさん、2008年北京オリンピックで銅メダリストを獲得したボクシング選手のアレクシス・バスティンさん、セーリング選手のフローレンス・アルトーさんが確認されています。

フランス出身の男性フィギュアスケート選手、1994年リレハンメルオリンピック、1998年長野オリンピックと2大会連続で銅メダルを獲得したフィリップ・キャンデロロさんもヘリに搭乗しているとの情報もありましたが、連絡も取れており事故にあったヘリには搭乗していなかったようです。

スポンサーリンク

カミーユ・ムファさん

カミーユ・ムファさんは、1989年10月28日にフランス・ニース生まれ。

2008年北京オリンピックに初出場するも、400m個人メドレーでは予選敗退、200m個人メドレーでも準決勝で敗退し、2010年から自由形に専念するようになります。

2011年上海世界水泳では200m自由形と400m自由形で銅メダルを獲得していました。

自身2度目のオリンピック出場となった2012年ロンドンオリンピックでは400m自由形に出場し4分01秒45のタイムで金メダルを獲得、200m自由形では1分55秒58のタイムで銀メダル、4×200mフリーリレーで銅メダルを獲得するなど、輝かしい成績で2度目のオリンピックを飾りました。

2012年に行われた短水路フランス選手権では、800m自由形で8分1秒06の短水路世界新記録を樹立し、400m自由形でもヨーロッパ選手権で3分54秒85の短水路世界新記録を樹立していました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です