たばこ受動喫煙でこどもの虫歯が2倍、たばこと虫歯の関連性

r1-150202

突然だが想像してみてほしい。
街中では禁煙、分煙が進む中、家庭でも実践できていますか。

たばこが健康に及ぼす影響の大きさは広く知られていますが、家族が吸うたばこの煙にさらされたこどもは、家族に喫煙者がいないこどもに比べて、3歳までに虫歯になる可能性が2倍になったという研究結果が発表されました。

研究は京都大学の川上浩司教授と田中司朗准教授らのチームによって行われ、神戸市で2004年~2010年に生まれた7万6920人のデータをもとに解析されました。その結果、家族に喫煙者がいるこどもは55.3%、家族に喫煙者がいないこどもに比べて虫歯になる可能性は1.46倍であることがわかりました。特に、こどもの面前でたばこを吸う環境の場合は2.14倍にも高まっています。

「受動喫煙」として、たばこを吸う本人だけではなく、近くにたばこを吸う人がいることで吸わない人にも害が及ぶことは良く知られるようになりましたが、少なくともこどもの面前で吸うことは控えるのが望ましいと言えるでしょう。

スポンサーリンク

ニコチンと虫歯の関連

2003年に発表された論文でも、受動喫煙によってこどもの虫歯が増えるという研究が発表されています。

1988年~1994年にかけて4歳から11歳のこども3531人を対象に行われた調査で、たばこに含まれるニコチンが体内で蓄積され代謝物質となるコチニンの血中濃度から受動喫煙の程度を確認し、コチニンの血中濃度が0.2~10ng/mlを受動喫煙の影響ありと定義しました。

この結果、対象となったこどもの25%に治療されていない虫歯が、33%に治療された虫歯が見つかりました。そして、コチニンの血中濃度から受動喫煙ありと判断されたのは対象者全体の53%となっています。

コチニンの血中濃度が0.05ng/ml以下のこどもと、0.05~0.2ng/mlのこどもでは未治療の虫歯の検出率は1.3倍、0.2~1.0ng/mlでは2.2倍、1.0ng/ml以上では2.3倍と受動喫煙の濃度と虫歯の発生率には明らかな相関関係が認められたとしています。

他にも、イギリスで3~4歳のこども769人を対象とした調査では、母親の喫煙によって乳歯の虫歯が1.54倍増えることが指摘されるなど、複数の報告で受動喫煙の程度と虫歯の頻度が相関していると言われています。

また、スウェーデンで14歳~19歳の男女2145人を対象に行われた調査では、能動喫煙と虫歯の数が相関していることも結果として表れており、受動喫煙、能動喫煙により免疫力が低下し虫歯が増えることが考えられています。

受動喫煙したこどもは細菌感染への抵抗力が弱まるだけでなく、のどが炎症を起こすことで唾液の量が低下し、歯を溶かす乳酸の量が増え虫歯になりやすくなることもあり、乳歯の虫歯の27%は受動喫煙によるとの意見もあります。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です