広がる子供の虫歯治療格差、虫歯減少傾向も口腔崩壊する子も

cancer-150130

突然だが想像してみてほしい。
こどもの健康を守るのも親としての務めではないか。

2014年に大阪・宮城・長野県で行われた調査により、小中学校の歯科検診において「要受診」と診断されたにもかかわらず、歯科を受信しないこどもが約半数に上っていることが判明しています。乳歯だからと放置されていたり、治療よりも部活動や習い事を優先させた事例のほか、虐待や育児放棄が疑われる事例もあるようです。

全体的にこどもの虫歯が減少している中、歯に対する意識の違いが格差となって表れています。

スポンサーリンク

歯科を受信するのは半数未満

大阪府歯科保険医協会が2014年12月、大阪府内の公立小中学校を対象に行った学校歯科治療調査で、「入学当初より乳歯20本中18本が虫歯」、「健康な歯が4本しか残っていない状態でほとんどの歯は黒く、溶けてすきっ歯になっている状態」という痛々しい事例が明らかとなりました。

小学校では歯科検診を受けた子供のうち要受診とされた36.2%のうち、実際に歯科を受診し治療報告書を提出したのは48.6%にとどまっており、中学生においては受診率はわずか25.9%となっています。

大阪府歯科保険医協会では2012年から調査を行っており3年とも同じ傾向だとしており、協会副理事長の歯科医、戸井逸美さん(64)は「未処置の虫歯がある子供が30%以上もいて、そのうち半数以下しか受診していない。歯科医の感覚としては8~9割は受診しているかと思っていたので驚いた」と驚きを隠しません。

歯科に受診しない理由

各学校の養護教諭が考える「歯科に受診しない理由」のトップは虐待や育児放棄といったネグレクトがあげられており、その他には部活動や習い事を優先させたことや、乳歯はいずれ生えかわるとして放置していた保護者もいたといいます。

この調査結果について、関東地方の歯科医は「受診率がこれだけ悪いのは、大阪だけの特殊事例ではないか」と疑問を呈したものの、2014年8月に同様の調査結果を発表した長野県保険医協会は「大阪だけでなく、長野と宮城でも同じ傾向が見られている。これは地域的な問題ではない」との見方を示しています。

大阪・宮城・長野の3府県の協会は受診率に加えて、虫歯が10本以上あるか、歯根しか残っていないような未処置歯が複数ある「口腔崩壊」状態のこどもがいたか、を調査したところ大阪で48.3%、長野では44.5%、宮城では56.7%の小中学校で「いた」と回答しました。

広がる「歯への意識格差」

乳歯や生え始めたばかりの永久歯は弱く、こどもは大人より虫歯になりやすい状態にありますが、フッ素入り歯磨き剤の普及や歯磨き指導の成果で、こども全体としては減少傾向となっています。

文部科学省の学校保健統計調査によると、2014年度の12歳時点での一人あたりの永久歯の虫歯数は1本と、20年前の4本から大幅に改善していることがわかります。

一方で口腔崩壊状態のこどもも見られ、虫歯のないこどもとの「格差」が広がっているといえるでしょう。

大阪府歯科保険医協会副理事長の歯科医、戸井逸美さんは「虫歯は自然に治癒することはなく、後戻りがきかない。だが、状態が悪くなればなるほど治療に時間がかかり、せっかく治療を始めてもやめてしまうというジレンマがある」と格差が広がる状況に頭を抱えます。

保護者への啓発

歯科への受診、口腔崩壊を減らすための有効な対策として考えられる「保護者への啓発、こどもへの指導」を念頭に行った、中学1年生の生徒たちの口の中の細菌数を測定し、細菌が全身のさまざまな病気に関連することを教えることで、その後の治療に効果を上げたとの報告もあります。

また、日本学校歯科医会では歯科医未受診を減らすために、年2回の学校検診を行い、1度目で受診しなかったこどもに再度治療を促すことを推奨しています。

ほかにも、6~7万人の小学生が参加するイベント「学童歯みがき大会」を毎年開催し、こどもたちに歯の大切さを伝える活動を続けています。

小学校で全校生徒を対象に週に1回、フッ素溶液でのうがいを実施したり、昼食後に歯磨きの時間を設ける活動を行うところもあるようです。

大阪府歯科保険医協会は「乳歯でも虫歯を放置すれば、永久歯にも影響することがある。痛みがなくても受診してほしい」と呼びかけています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です