「うるう秒」2015年7月1日は1秒長い日「8時59分60秒」

time-150501

突然だが想像してみてほしい。
長くなった1秒であなたは何を思い、何を考え、何をするのか。

平成27年(2015年)7月1日(水)に3年ぶりとなる「うるう秒」の調整が行われます。日本時間の午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「8時59分60秒」が挿入され、この日は通常よりも「1秒長い一日」となります。

「うるう秒」は、地球の公転・自転に基づいた「世界時」と、原子の振動を利用した「原子時計」との時刻のずれを0.9秒以内に収めるために行われるもので、「うるう秒」による調整を行った後の時刻が世界の標準時「協定世界時(UTC)」と使うことにしています。

「うるう秒」の調整は1972年から数年に1回程度行われています。

なお、最近では3年前となる平成24年(2012年)7月1日に「うるう秒」の調整が行われました。また、「うるう秒」の調整が平日に実施されるのは、平成9年(1997年)以来となります。

【今回のうるう秒の調整】
平成27年(2015年)7月1日(水)
午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に
「8時59分60秒」を挿入します。

「うるう秒」挿入のお知らせ:独立行政法人情報通信研究機構

スポンサーリンク

「うるう秒」の調整

「うるう秒」の調整は、地球の回転の観測を行う国際機関「国際地球回転・基準系事業(IERS:International Earth Rotation and Reference Systems Service、所在地:パリ)」が決定しています。

IERSの決定を受けて世界で一斉に「うるう秒」の調整が行われますが、実施時は世界協定時の月末とされ、第一優先が6月末か12月末日、第二優先が3月末か9月末日となっており、これまでの25回の運用では第一優先の6月末または12月末日に行われており、実施日の23時59分台の末尾で1秒が追加、もしくは削除されることになります。

「うるう秒」による調整は1972年以降、数年に1回程度のペースで実施されていますが、いずれも「1秒追加」であり、「1秒削除」による調整は行われたことがありません。

日本では総務省及び独立行政法人情報通信研究機構(NICT)が法令に基づき標準時の通報に係る事務を行っており、IERSの決定に基づきNICTにおいて日本標準時に「うるう秒」の挿入が実施されています。

「うるう秒」を実感するには

NICTでは、「うるう秒」を実感する方法として以下のようなものを紹介しています。

  • NICTの日本標準時などの報道を見る
  • 電波時計をそのままにしておくと、9時前は合っているが、9時以降、次の受信が行われるまで1秒ずれる。1秒ずれたことを確認して、再度受信すれば、1秒のずれが分かる
  • NTPで9時以前に正確な時刻にしておく。9時以降、時刻が1秒ずれたことを確認した後、NTPで時刻合わせを行い、正確な時刻になったことを確認することで、1秒ずれたことが分かる
  • NICTのウェブサイトによる時刻お知らせ(ただし、回線の状況によっては1秒以上ずれたり、つながりにくくなることがあるため注意)
  • NICT本館(東京都小金井市)のデジタル時計表示
  • 「おおたかどや山標準電波送信所」のある福島県田村市都路町・双葉郡川内村にある時計モニュメントの表示

日本標準時:独立行政法人情報通信研究機構

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です