スー女(相撲女子)のおかげで大相撲春場所連日満員御礼!

sumo-150107

突然だが想像してみてほしい。
野球やサッカーに続き相撲にも女性人気が押し寄せているということを。

大阪で開催されている大相撲春場所が2001年以来、14年ぶりに全日程の15日間すべてが「満員御礼」となることが確実になりました。1月に行われた大相撲初場所でも15日間満員御礼となっており、2場所連続は若乃花・貴乃花兄弟の「若・貴フィーバー」を挟んだ1990年初場所~1997年春場所(44場所連続)以来18年ぶりとなります。

大相撲春場所開催10日目となった3月17日も、初日からの満員御礼の記録を絶やさず大入り(約7200人)となっており、開催12日目以降の前売り券は既に完売、11日目も一部の升席を残すのみとなっている状況です。

日本相撲協会の北の湖理事長は「現役力士の頑張りが一番」と語っていますが、横綱白鵬関の強さばかりが目立つ中、大相撲人気を支えるものは何でしょうか。

人気回復の要因に挙げられているのが、日本相撲協会によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した新たなファンの開拓です。

2011年に始めた公式Twitterでは、普段見られない支度部屋で居眠りする姿や、注射に顔をしかめる力士たちの「秘蔵写真」を公開し、人気の遠藤関による「お姫様抱っこ」のイベントも催すなど積極的な取り組みがなされています。

スー女(相撲女子)と呼ばれるファンの登場

ファンの新規開拓への取り組みで「スー女(相撲女子)」と呼ばれる新たなファンが誕生しています。

春場所に来場した高校2年生の女性は「見に行けない日もツイッターで『今日はこんな着物を着ているんだ』などと楽しめる」と明かしています。

日本相撲協業務推進室の担当者は「10~30代がメインのSNS利用者に相撲を身近に感じてもらえている」と取り組みへの手応えを感じており、公式Twitterのフォロワーは現在8万7000人を超える人気のアカウントとなっています。

協会が実施した初場所のアンケートを分析したところ、平日に初めて来場した約3割はSNSや口コミを通じて大相撲に興味を持ったことがわかっています。

消費動向に詳しい電通総研主任研究員の松本泰明さんは「『和食など日本文化が好きになった』という日本人が増え、そのうちの若い世代がSNSを通じて相撲に関心を持ち、人気につながっているのでは」とみています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です