ボディービル出身のムキムキ力士、朝山端は白星デビュー

sumo-150107

ボディービル出身という異例の経歴を持つ朝山端(あさやまばな=高砂部屋)が3月15日、大相撲春場所8日目の前相撲で初土俵を踏み、見事白星デビューを飾りました。

本来であれば、本来なら2日目から土俵に上がる予定でしたが、右足の蜂窩織炎(ほうかしきえん)のために高熱が出て入院するアクシデントがあり、14日にようやく退院したばかりでした。

6日間の入院で体重は約10キロも落ちたということですが、立ち合いから頭で当たって竹内(北の湖部屋)を一気に土俵下へ押し出した約1秒の速攻で見事に完勝しています。16日の9日目には二番出世披露に臨み、次の5月場所(5月10日初日 東京・両国国技館)から序の口として番付に載ります。

朝山端は、ボディービル時代の得意のポーズ「フロント・ダブル・バイセップス」を披露し「東京に行ってからが本当の勝負です」と、挽回へ意欲十分です。

スポンサーリンク

朝山端は阪神期待の島本浩也投手と同窓生

ボディービルで鍛え上げられた約120キロの肉体を誇る朝山端は、待望の大相撲デビュー戦で白星で飾り、「最初はちょっと緊張したけど、若松親方(元幕内朝乃若)から当たって押せ、と言われていた」と、指示通りの会心の内容に安どの表情を浮かべました。

同期には幕下10枚目格付け出しでデビューした御嶽海(出羽海部屋)や、元学生横綱の大輝(八角部屋)、居反りの使い手として話題を集めている宇良(木瀬部屋)など強敵揃い。

朝山端は「まず自分のレベルを上げること。同期生とは切磋琢磨して、並べるように頑張りたい」と意気込みを語っています。

また、プロ野球の阪神タイガース、島本浩也投手とは福知山成美高で一緒に寮で生活していたといい、2014年11月に阪神タイガースで初めて育成枠から支配下登録へとステップアップした島本浩也投手の存在が、いい刺激になっています。

2014年のオープン戦で活躍する島本浩也投手は、スポーツ新聞でも大きく扱われており、「自分もやってやろうと思いました」と奮起しています。

分野は違えど、朝山端、島本浩也投手の活躍に期待しましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です