巨大の蜘蛛の巣?800メートルにも広がる蜘蛛の糸を発見

norton-150221

突然だが想像してみてほしい。
生きるためにチャレンジした結果、失敗することもあるということを。

アメリカ・テネシー州メンフィス近郊にある畑で何百万匹もの蜘蛛による巨大な蜘蛛の巣が現れ、その大きさは800メートルにも及んだと地元メディアが報じています。近くに住むデブラ・ルイスさんは「蜘蛛がそこら中を飛び回っていてまるでホラー映画のようだ」と地元メディアの取材に答えました。

オハイオ州アクロン大学で蜘蛛の糸について研究している生物学者トッド・ブラックリッジ氏によると、蜘蛛の急増は怖がる必要がないとしており、コガネグモ(円形で網状の蜘蛛の巣をつくる)やサラグモ(シート網状の蜘蛛の巣をつくる)の仲間である可能性が高いだろうと考えています。

コガネグモやサラグモなどは春と秋にフェンスやポール、背の高い植物など生息エリアで最も高いところに上り糸をたらし、風に乗ろうとします。蜘蛛のこの行為は「熱気球」に少し似ていることから「バルーニング」と呼ばれ、蜘蛛は個体数を増やすため風に乗り、少しでも遠くまで行こうとするのです。

高くに上り、空を舞う蜘蛛の大多数は、その旅の途中で捕食者に食べられてしまったり、厳しい天候に見舞われたりして命を落としますが、ほんの少しの生き残りが新たな生息場所を見つけ生息域を広げていきます。

今回、メンフィス近郊の畑で見られた800メートルにも及ぶ蜘蛛の巣は、生息域を広げる行動「バルーニング」の失敗ではないかとトッド・ブラックリッジ氏は語ります。

spider-151130-thumbs
(PHOTOGRAPH BY WMC ACTION NEWS 5)

スポンサーリンク

バルーニング失敗か?

蜘蛛が生息域を広げるバルーニングの成功の鍵として、風を味方につける必要があることは言うまでもありません。

しかし、今回テネシー州メンフィス近郊では蜘蛛に「風」は味方しなかったようです。畑に広がった蜘蛛の糸は「蜘蛛の巣」の形をしておらず、畑を覆い尽くした蜘蛛の糸は「バルーニング」に失敗した形跡だとトッド・ブラックリッジ氏は推測しています。

地表が温まり上昇気流が生まれたことで、好条件が整ったと判断した多くの蜘蛛は新たな土地へと飛び立つべく、バルーニングを行うための糸を出したと思われますが、そこへ予期せぬ強風が吹きバルーニングのための糸は吹き飛ばされ、畑を覆う形となってしまったのかもしれません。

地上には多くの飛び立てなかった蜘蛛が残されていますが、コガネグモやサラグモなどは人間に対する毒を持たないため心配は無用で、「この結果は自然界の驚くべく事例のひとつだ」とトッド・ブラックリッジ氏は語りました。

バルーニングは避難のためにも行われる

大量の蜘蛛によるバルーニングはアメリカ以外でも見られ、オーストラリアでも定期的に発生しているといいます。

オーストラリアでの事例によると、バルーニングは新天地を目指すために行われるのではないことがわかっており、自然災害から非難するために行われたことがわかっています。

2012年にオーストラリアで発生した記録的な豪雨の際に大量のバルーニングが行われ、アメリカ・ジョージア大学で昆虫学を研究するロバート・マシューズ名誉教授によると、蜘蛛はバルーニングによって「その場所に留まっていれば確実に溺れ死ぬ場所から逃げ出すことができた」と考えられています。

あまりに大きく広がる蜘蛛の糸は、奇妙な出来事で望ましくない存在かもしれませんが、生息場所を広げときには避難のためにも行われるバルーニングという技巧は「蜘蛛が糸を多彩に操れる能力」を示しているとロバート・マシューズ名誉教授は言い、蜘蛛にとって糸とは「進化の過程における大きなブレイククスルーであり、蜘蛛が今日まで生き残ってきた理由を示す新しい一例と言えるでしょう」としています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です