吉田麻也選手「怠け者」日本語訳に公式Twitterで反論

soccer-150316

突然だが想像してみてほしい。
同じ言語同士でも意味が異なって伝わる場合もあり、ましてや異なる場合はなおさらで、より慎重な発言が必要だということを。

サッカー日本代表DFの吉田麻也選手(イングランド・サウサンプトン)がTwitterで、「The INDEPENDENT」(インディペンデント)に掲載された3月13日付の記事を日本で訳された際の表現「怠け者」について、反論しています。

「インディペンデント」では、イングランドで活躍できる理由として「英語の上達」が重要であるとして紹介されており、吉田麻也選手がイングランド・プレミアリーグに移籍した直後は「英語力は完璧ではなかった」と振り返っています。

その文脈で「英語を話せない人の問題は、日本の教育の問題」、「読み書きの英語は試験のための英語で、会話のためじゃない」、「英語を話せなかったら、機会もなくなります」と指摘していました。

続けて「It’s shame. Some Japanese player are lazy」と話しており、日本の記事においては「日本人選手は怠け者」と和訳されました。

しかし、吉田麻也選手は「日本で訳された記事には悪意がある。つたない英語力のせいでもあるけど怠け者だけピックアップするなんて」と反論しました。

Maya Yoshida interview
http://www.independent.co.uk/sport/football/news-and-comment/maya-yoshida-interview-if-people-call-this-success-it-is-not-enough-for-me-10107108.html

スポンサーリンク

吉田麻也選手の反論

「Some Japanese player are lazy」の「lazy」の、「lazy」には「怠惰な」、「のろまな」という悪い意味で用いられます。

しかし「Some」をつけていること、前の文脈で英語教育の問題点を指摘していることから、「日本人選手の中には勉強を怠けてしまう人もいます」という別の意味でも読み取ることもできます。

吉田麻也選手自身も「吉田のつたない英語力のせいでもあるけど」と振り返る通り、他の表現方法もあったかもしれません。

インタビューでは、守備陣の統率のため英語が必要であることや、自分の成功が他の日本人選手の道筋になると考えていることなどを伝えていました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です