京都サンガ奥川雅也は宇佐美以上か?リバプールに今夏移籍も

soccer-150216

突然だが想像してみてほしい。
若い才能を持つ選手がまたひとり、大きな舞台に飛び立とうとしていることを。

Jリーグディビジョン2「京都サンガF.C.」のトップチームに昇格した奥川雅也選手(18)へ、イングランドプレミアリーグのリバプール、ドイツブンデスリーガのレバークーゼン、オーストリアブンデスリーガのザルツブルクから正式オファーが届いたことがわかりました。

オファーの報道は2014年10月からありましたが、奥川雅也選手が10月に負傷した右中足骨骨折からのリハビリ中であることから、2015年は京都サンガでプレーする選択をしていました。

ただし、オファーに対する回答は保留状態ということで、怪我の状態やJ2での活躍などから早ければ2015年夏にもヨーロッパ移籍となる可能性が残っています。

Jリーグにまだ一度も出場していない奥川雅也選手に、ヨーロッパチャンピオンズリーグを5度も制している名門クラブを加えた争奪戦が繰り広げられていることに驚きですが、まずは今期のJリーグでその名を轟かせてほしいですね。

今夏移籍も?京都18歳FW奥川にリバプールなどから正式オファー
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/02/16/kiji/K20150216009816000.html

スポンサーリンク

奥川雅也選手の経歴

  • 奥川 雅也(おくがわ まさや)
  • 生年月日:1996年4月14日
  • 身長・体重:176cm / 62kg
  • 出身:滋賀県甲賀市
  • ポジション:FW、MF
  • 背番号:29

甲賀市立綾野小学校のサッカースポーツ少年団で活躍していた奥川雅也選手は、京都サンガF.C.の下部組織である京都サンガF.C.U-15、京都サンガF.C.U-18(立命館宇治高校)と進んできました。

2015年からは京都サンガF.C.のトップチームに昇格し、J2リーグの舞台に初めて立つことになるでしょう。

17歳以下、18歳以下、19歳以下の日本代表にも選ばれており、今後のオリンピック代表入りや、A代表入りも期待される選手です。

奥川雅也選手の特徴

奥川雅也選手は足に吸い付くようなタッチと、独特のリズムから繰り出すスピードあるドリブル突破でゴールを狙うU-19日本代表のアタッカーです。

「魅せるプレーにこだわっている」という奥川選手は将来「客を呼べる選手」になる可能性を秘め、そのプレースタイルはブラジル代表FWのネイマール選手に似ており、「古都のネイマール」とも称される逸材です。

ドリブルに加えてセットプレーでも左右両足で精度の高いキックを見せ、京都サンガの育成部チーフスカウトと強化部スカウトを兼務していた高本詞史氏も「才能はガンバ大阪の宇佐美選手と同等かそれ以上」と絶賛していました。

2014年10月に行われたU-19アジア選手権でも抜群の攻撃センスを見せていましたが、大会途中に右足甲の負傷により離脱、チームも準々決勝で敗退することになりました。

しかし、奥川選手の「魅せるプレー」がヨーロッパクラブの目に留まり、国内リーグ未出場ながら完全移籍でのオファーを受けるという期待の大きさを示しています。

現在はチームの鹿児島合宿に同行し、開幕戦出場に向けてペースを上げています。ヨーロッパの一流クラブが認めた才能をJ2リーグの舞台で見せつけてくれるでしょう。

ヨーロッパリーグでの活躍に加え、2018ロシアワールドカップも視野に、奥川雅也選手のこれからの活躍に期待しましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です