日本製スマートフォン完全撤退の危機、PC、TVに続き…

smartphone-150308

突然だが想像してみてほしい。
良いものを安く買いたいのは消費者心理、しかし日本製にも期待したい。

日本メーカー製のスマートフォンが、国内市場で海外勢に押されて苦戦しています。2014年の国内スマホ出荷台数シェアではアップル「iPhone」が6割近くを占め、サムスン電子「Galaxy」と合わせると6割強となっています。

こうした海外製のシェアが伸びているのに対し、国内製品の存在感は年々薄れ2013年4位につけていた富士通はベスト5から姿を消しています。

低価格で高機能な端末を販売する中国勢も日本市場への参入をうかがっており、日本製メーカーのスマートフォンはさらなる窮地に立たされるかもしれません。

PC、TVと同じ道を歩む「日の丸スマホ」、日本メーカー“完全撤退”の危機…「アップル」と「中国」に挟まれ:産経新聞

スポンサーリンク

日本人の6割はiPhoneユーザー

「ついに日本人の6割がiPhoneを使う時代になるとは…」と肩を落とすのは、国内のスマホメーカーの幹部。調査会社IDCジャパンによると、2014年の国内スマホ出荷台数シェアは、Appleが前年比12.7ポイント増の58.7%と圧倒的なシェアを誇っています。

国内メーカーではソニーが前年と同じく2位を確保するも、1.7ポイント減の14.2%、経営悪化の危機に立つシャープも前年同様3位で0.7ポイント減の11.4%で、いずれもシェアを落としています。また、前年4位の富士通は8.1%のシェアを半分近くに落としベスト5から消えています。

iPhoneに続く海外メーカーでは、サムスンが前年5位から4位に上昇したもののシェアは1.9ポイント落とした4.5%と、海外ではシェアトップを誇るサムスンも日本のApple一強状態を崩せません。

スマホ登場前は、国内の携帯電話は9割以上を日本製メーカーが占め、日本の通信事業者専用仕様で設計された「ガラパゴスケータイ」が主流でした。「ガラケー」は世界に先駆けインターネット接続サービスやワンセグ視聴、おサイフケータイなどを機能に加え、日本の技術力を示しました。

しかし、ガラケーへの依存がスマホ開発への遅れにつながり、海外勢に一気にシェアを奪われるという皮肉な結果にも繋がっています。

ドコモのiPhone参入が国内メーカー製を淘汰

外資系証券アナリストはiPhoneのシェア上昇について、「NTTドコモの影響が大きい」と話しています。

ドコモはソフトバンクやKDDIよりも遅れ、2013年9月からiPhoneの取り扱いを始めました。Appleは契約に際し、年単位で目標を決めるとされており、ドコモではスマホ新規契約数の約4割をiPhoneとすることで合意したとみられています。

ドコモはAppleとの契約のため大量にiPhoneを調達するようになったため、日本製メーカーのスマホ取扱量が相対的に減少したことに加え、2014年は携帯電話の2年単位の契約期間「2年縛り」を終える利用者が多かったため、新型のiPhoneが例年よりも売れたものと考えられます。

ドコモのiPhone参入の影響を大きく受けたのが富士通で、「らくらくスマホ」や「ARROWS」など大量に供給してきたNTTとの深い関係にあったものの、2014年の供給量は大幅に減少しています。

富士通以外にもiPhone発売前までは、ドコモのスマホを代表するものとして選ばれていたソニーやサムスンも購買台数が大きく減少しており、サムスン幹部は「通信会社や販売店はアップルとの不平等条約に屈し、日本中がiPhoneだらけになった」と憤りを隠しません。

上位日本製も苦戦

シェア2位のソニーや3位のシャープも、その地位は安定とはいい難い状況で、ソニーは携帯電話事業が大幅な赤字に陥り事業規模を縮小しており、シャープにおいては会社自体の存続も危ぶまれる状況で、携帯電話事業そのものを継続できるのかという瀬戸際です。

日本製メーカーで唯一明るい材料は、海外で「頑丈なスマホ」として好調を見せる京セラで、国内でもシェア5位に位置しています。

シェア1位のAppleに苦戦続きの日本製メーカーにはさらなる試練として、中国などの新興スマホメーカーが背後に迫っています。

新興スマホメーカー「小米科技(シャオミ)」参入か

「中国のApple」とも呼ばれる小米科技(シャオミ)は、製品投入からわずか3年で世界シェア3位にのし上がった新興スマホメーカーで、今では世界シェア1位のサムスンから徐々にシェアを奪い、勢いづいています。

シャオミに加え、華為技術(ファーウェイ)や聯想集団(レノボ・グループ)など中国メーカーも急成長しています。

中国メーカーの強みは「低価格で高機能」が挙げられ、国内メーカーの半値でAppleも採用する村田製作所やTDKなどの部品を内蔵し、ジャパンディスプレイやシャープの液晶パネルを採用するなど、機能面で国内メーカーに勝るとも劣らない製品を提供しています。

シャオミの雷軍・董事長兼最高経営責任者(CEO)は、2015年内に日本進出を検討しているとされおり、デザイン性に優れ、価格も安く高機能なスマホが投入されれば国内メーカーへの影響は必至です。

かつてのパソコン・テレビ市場をたどる

かつて国内のパソコン市場はソニーや東芝、パナソニック、NEC、富士通など日本の電機メーカーが強さを見せていました。しかし、低価格で機能も変わらないパソコンを中国や台湾などのメーカーが提供するようになり、差別化を図れなくなり価格で負けた国内メーカー製パソコンは少しずつ市場から姿を消していきました。

液晶テレビも同じパターンに陥り国内メーカー製品の苦戦が続いています。

スマホも機能やデザイン面では進化の限界が見えているとされ、市場に供給される製品には大きな違いがなく均一化している状況とも考えられ、パソコンや液晶テレビが辿ってきた道でもあるといえます。

国内スマホメーカーの多くは海外からは手を引き存在感は薄く、国内市場でも劣勢が続くようであれば完全撤退となる日が来るのかもしれません。

パソコンやテレビと最後まで同じ道をいくのか、再び息を吹き返すのか、岐路に立たされているのは間違いありません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です