スマホ連続使用による「ストレートネック」で頸椎を痛める?

smartphone-150308

突然だが想像してみてほしい。
スマホの使用でさまざまな病気を引き起こす可能性があることを。

NTTドコモは3月4日に公式Twitter「ドコモ公式サポート」で、スマホの持ち方によって小指が変形する「テキストサム損傷」に注意を呼び掛けていました。しかし、それよりも「ストレートネック」に注意すべきだという意見があります。

小指が変形、スマホ持ちすぎによるテキストサム損傷に注意
突然だが想像してみてほしい。 あなたの小指はスマホの持ちすぎで変形していませんか。 NTTドコモは公式Twitter「ドコモ公式サポート」で、スマホの持ち方によって小指が変形する「テキストサム損傷」に注意を呼び掛けています。 時間の空いた時などついつい長時間...
スポンサーリンク

ストレートネック

KIZUカイロプラクティックグループ代表院長の木津直昭氏は、「テキストサム損傷」について「ドコモが公開した写真では第一関節と第二関節の間を丸く囲んで強調していますが、あの部分の骨は元々えぐれた形なんです。」としており、変形したように見える小指に大騒ぎする必要はないとしながらも、小指でスマホ下部を支える持ち方はやめるべきだとも語っています。

その理由として、「小指のえぐれた部分で重さを支えると、今度は第一関節(指先側の関節)が薬指側に曲がって変形する恐れがあります。小指は薬指側にしか筋肉がないので変形しやすく、指を曲げた時に痛みが出て日常生活に支障が出る場合があります。とくに成長期の子供は注意が必要」と話しています。

また、「本当に怖いのはストレートネック」と指摘しており、スマホの画面を見るために背中を丸めて前傾姿勢になり、顔を下に向けた状態を長時間保つことで、頭の重さを支えるために必要以上に負担がかかり、頸椎の自然の彎曲が失われる状態になるとしています。

ストレートネックになると、頭痛や肩こり、めまいや手のしびれなど様々な症状を引き起こすだけでなく、身体全体に大きな負荷がかかることになってしまいます。

「テキストサム損傷」といわれる小指の変形や、「ストレートネック」などの「スマホ病」を予防するために、スマホを持つ腕の肘を逆の手で支え、目線が上がるようにすると良いといい、「文字を入力する際は目線の高さをキープしながら、小指で支えないよう両手を使うのがいい」と木津氏は話します。

まずは長時間連続の使用を見直すこと、同じ体勢で使用し続けないことが大切です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です