スマホ充電中に火花や異常発熱、原因はほこり

smartphone-150309

突然だが想像してみてほしい。
毎日何気ない充電をしているときでも、それなりに熱は持っているということを。

スマートフォンの充電時、充電端子部分が異常発熱することがあるという相談が、兵庫県内の消費生活センターに寄せられていると兵庫県立健康生活科学研究所(神戸市)が発表し、注意を呼び掛けています。

消費生活センターに寄せられた相談は、2013年4月から2014年12月の間で9件あり、うち2件は利用者が軽いやけどしたということです。

健康生活科学研究所の生活科学総合センターによると、利用者が軽いやけどを負った2件の詳細として、2014年1月に自動車内で充電していたスマホから突然火花が散り、10代女性が手首に軽いやけどを負いました。また、2014年2月には、使用して約1年をたったスマホを枕元で充電していたところ、充電器との接続部分が異常な熱さを持ち本体の一部が溶けており、2歳の男児が左頬に軽いやけどを負いました。

残る7件も、スマホ本体の熱で変形したり、寝具や床材が焦げたりしています。

スポンサーリンク

異常発熱の原因

生活科学総合センターは、スマホの充電端子や充電器のコネクターの内部に汗や飲料水、ほこりなどが混入した結果、充電中にショートしたとみています。

生活科学総合センターの実験によると、充電端子と充電器のコネクターにほこりなど異物が混入した状態で充電をしていると、約5分後にスマホと充電器の接続部分温度が300度超まで上昇しました。

コネクターの樹脂部分は熱で溶けてしまい、焦げるような臭いがしたといいます。

生活科学総合センターの担当者は「充電する際は、異物が付着していないか、コネクターの接続方向が間違っていないかなどを確認してほしい」と呼びかけています。

ほこりなどが付着していないかを確認することはもちろん、通常の充電時でもある程度の熱を持つことから、特に就寝時の枕元付近に置く際には可燃物からなるべく遠ざけておくことも重要だと思われます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です