睡眠不足の人は風邪をひきやすく、太りやすい

baby-150205

突然だが想像してみてほしい。
睡眠時間を削ってもいいことなんてひとつもない。

睡眠不足が続くと体調が悪くなると感じる人は多いでしょう。アメリカの学術誌「スリープ(Sleep)」に発表された研究によると、睡眠不足の人が風邪をひく確率は、十分な睡眠をとっている人よりも4倍も高くなるという結果になったということが発表されています。

また、睡眠不足が脳活動の変化を引き起こし、結果として強い空腹感を感じて太りやすい食べ物を切実に欲するようになるという別の研究もなされており、より良い睡眠が健康につながるのは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

5時間睡眠で風邪のかかりやすさは4.5倍

アメリカ・カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究チームでは、睡眠習慣を追跡調査するためにボランティアの被験者164人を対象とした実験を行いました。

研究チームでは最初に、ストレス、アルコールや喫煙習慣などを把握するために、被験者に健康診断を行い質問票に回答させ、実験開始前の1週間を被験者の習慣的な睡眠時間の測定としました。

実験では被験者をホテルに滞在させ、風邪ウイルスを点鼻剤で投与し、ウイルスが定着したかどうかを確認するために粘液サンプルを毎日採取し、1週間にわたり経過を観察しています。

実験の結果、習慣的な睡眠時間が6時間未満だったひとは7時間睡眠の人に比べ、風邪にかかる確率が4.2倍高いことが判明し、睡眠時間が5時間未満の人では風邪にかかる確率は4.5倍も高いことがわかりました。

研究論文を発表したカリフォルニア大学サンフランシスコ校のアリック・プレイザー(Aric Prather)助教授(精神医学)は、「被験者が風邪にかかる確率を予測する場合、なによりも重要なのは睡眠時間」とし、「被験者の年齢、ストレスレベル、人種、教育、所得などとの関係性は認められなかった。喫煙者かどうかも関係なかった。これらの要素すべてを考慮しても、やはり睡眠が最も統計的に重要だった」と話しています。

睡眠不足はこれまでの研究でも、慢性疾患や病気のかかりやすさに加えて早死の可能性も指摘され、自動車事項や産業災害、医療ミスなどと関連性があるともされています。

アメリカの睡眠財団(US National Sleep Foundation)の2013年の調査によると、アメリカ人の5人に1人は、平日(勤務日)の平均睡眠時間が6時間未満であることがわかっています。

睡眠不足で太る?

先進諸国における肥満の急増には睡眠時間の減少に関係があるのではないかと考えられています。

カリフォルニア大学が行った研究では、MRI(磁気共鳴画像装置)を用いて睡眠不足の被験者の脳活動における変化を調査するため、被験者23人に対し頭部MRI検査を2回実施し、1回は夜間に十分な睡眠を取ったあと、もう1回は十分な睡眠を取らずに実施しました。

被験者には起床後に80種類の食品の写真の中から食べたい品目と分量を選ばせ、MRIで脳活動を測定したところ、睡眠不足の被験者に大脳皮質の食欲と満腹感を評価する領域に脳活動の低下が見られることを発見し、同時に渇望に関連する脳の領域に脳活動の上昇が見られました。

研究論文の共著者であるカリフォルニア大学バークレー校のマシュー・ウォーカー(Matthew Walker)氏(心理学)は、興味深い結果として「睡眠不足の被験者はより高カロリーな食品に強い興味を示した」と指摘し、「十分な睡眠を取ることは、体重管理を促進する重要な要素のひとつになるかもしれない」と結論付けています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です