スカイマーク支援にサニーサイドアップ名乗り、応援歌を作成

skymark-150228

突然だが想像してみてほしい。
多くのスポーツ選手の広報を手掛けた会社が、再生を図る企業の広報としてどんな戦略を取るのかということを。

民事再生手続きを進めているスカイマークの支援企業として、スポーツ選手などのマネジメントや広報活動を行う大手PR会社のサニーサイドアップが加わることが2月28日わかりました。

サニーサイドアップは元サッカー日本代表の中田英寿さんら多くの著名人のマネジメントを手掛けており、パンケーキが人気となっている「bills(ビルズ)」を運営する株式会社フライパンを傘下にもっています。

28日に開かれたスカイマーク社員とその家族に向けた説明会で、支援企業に決まっている投資ファンド「インテグラル」の佐山展生代表が発表しました。

サニーサイドアップの支援活動として、所属する歌手の大黒摩季さんが作曲したスカイマークの応援歌が披露されており、今後の支援内容は協議中だということです。

約200人が参加した説明会で佐山代表は「人員削減や給与カットはしない。他の航空会社の支援は、スカイマークにとって非常にいい内容なら考えるが、なくてもいい。全力で再生するので安心して働いてほしい」と語っています。

スポンサーリンク

スカイマーク

スカイマークは規制緩和によって新規参入した航空会社の第一号です。1996年11月に当時のエイチ・アイ・エス社長であった澤田秀雄氏らの出資により設立され、1998年に羽田・福岡線で運航を開始しました。

機内サービスを簡素化し運賃を他社の半額程度に抑えることで搭乗率80%を超えるなど航空業界に新たな風を吹き込みましたが、大手航空会社でも運賃の値下げなどの対抗措置が取られた結果、赤字経営となっていました。
2015年1月28日には民事再生法適用を東京地方裁判所に申請していました。

サニーサイドアップ

サニーサイドアップでは1991年よりマネジメント業務をはじめ、1993年のJリーグ発足にあわせて前園真聖さんのマネジメントを担当しました。また、前園さんと親交のあった中田英寿さんも1998年からマネジメントを担当しています。

他にも水泳の北島康介さん、陸上の為末大さん、テニスの杉山愛さん、ゴルフの上田桃子さんをはじめとしたスポーツ界の大物のマネジメントを手がけていたことでも有名です。

また、実業家としても活動する中田英寿さんはサニーサイドアップの大株主で、代表取締役社長である次原悦子氏に次ぐ第2位の株主となっています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です