2026年に完成へ、バルセロナの大聖堂「サグラダ・ファミリア」

sagradafamilia-151024

突然だが想像してみてほしい。
未完の建造物サグラダ・ファミリア、ようやく完成へ。

スペイン・バルセロナにあるカトリック教会の大聖堂「サグラダ・ファミリア」は、アントニ・ガウディ氏が設計し130年以上前に工事が始まり、今なお工事が続いていることが知られています。

その「サグラダ・ファミリア」が、アントニ・ガウディ氏の没後100周年となる2026年に完成する見込みであることが9代目設計責任者のジョルディ・ファウリ氏より発表され、完成予想動画があわせて公開されています。

1980年代には「完成までに300年はかかる」とさえ言われ、2005年には建設途中でありながらユネスコの世界遺産に登録されるなど、もはや完成せずとも大きな影響力を誇る「サグラダ・ファミリア」、ようやく終止符が打たれることになりそうです。

スポンサーリンク

サグラダ・ファミリア

サグラダ・ファミリアは、建築費のすべてを個人の寄付によって建設される贖罪協会として民間のカトリック団体「サン・ホセ協会」により計画され、フランシスコ・ビリャール氏が初代建築家として無償で設計を引き受け、1882年3月19日に工事が着工されました。

しかし、着工の翌年に意見の対立によりフランシスコ・ビリャール氏は辞任。その後を引き継ぎ2代目建築家として任命されたのがアントニ・ガウディ氏です。

アントニ・ガウディ氏は設計を最初から練り直し、1926年に亡くなるまでライフワークとしてサグラダ・ファミリアの設計、建築に取り組みました。

アントニ・ガウディ氏は詳細な設計図を残さず、模型などにより構造を検討していたとされていますが、スペインの内戦によりそれらの模型は壊れてしまい、またアントニ・ガウディ氏の構想に基づいて弟子たちが作成した資料も大半が焼失することとなってしまいます。

アントニ・ガウディ氏の死後、模型や資料が失われたことで、構想通りに建造することがもはや不可能であることが明らかで、建造を続けるべきかという議論もなされましたが、伝承や大まかな外観のデッサンなど残された資料をもとに、時代ごとの建築家がアントニ・ガウディ氏の設計構想を推測する形で現在に至るまで建設が行われています。

スペイン・バルセロナのシンボルともいえるサグラダ・ファミリアは、複雑な経緯と綿密に計算されつくした大胆な建築様式で、1980年代には完成までに300年はかかるとも予想されていましたが、21世紀に入り導入されたソフトウェアによる3D構造解析技術や、3Dプリンタを用いたによるシミュレーション検証などのIT技術により、1980年代より30年間で300年という建築期間が半減することになりました。

サグラダ・ファミリアは、「世界で一番人気のある工事現場」とも言われ、かつては資金不足のために建設作業が大幅に滞ることもありましたが、建物に対する世評の高まりやスペインの経済成長、1990年代以降の観光客の増加で今では世界各国から多数の観光客が長蛇の列を作り2,000円を超える入場料を支払うなど観光収入が大幅に増加したことで財政状況も好転、潤沢な資金が、工事の進捗を早めた一因ともなっています。

未完のままでも美しいサグラダ・ファミリア、完成形もまた美しいことでしょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です