ラグビー荻野岳志選手はオリンピックを目指す大手商社マン

rugby-150207

突然だが想像してみてほしい。
ラグビー選手としてオリンピックを目指し、商社マンとして世界を目指す男を。

男子7人制ラグビー日本代表が2016年のリオデジャネイロオリンピック出場をかけて、「HSBC セブンズワールドシリーズ 2014-2015」を戦っています。「HSBC セブンズワールドシリーズ 2014-2015」総合成績上位4チームには、2016年のリオデジャネイロオリンピックの出場権が与えられます。

この男子7人制ラグビー日本代表入りを目指す選手に早稲田大学4年、4月には大手商社の新社会人となる荻野岳志選手がいます。

2014年の9月頃には「ラグビーのゴールは早稲田で日本一になること。トップレベルでのラグビーは今季限りにする」と決意し、「大学日本一」をラグビー最後の目標として目指してきました。

大学ラグビー選手権大会では、2014年12月27日東海大学に敗れたことで日本一の夢は潰えます。結果として、これがラグビーへの心残りとなったのでしょうか、2015年1月12日から行われた男子7人制ラグビーシニアアカデミー合宿メンバーに選ばれ、一度は辞退を考えるも「できる範囲で挑戦してほしい」という7人制代表の瀬川智広ヘッドコーチの言葉に合宿参加を決意します。

荻野選手は商社マンとしての英語力アップなどの準備も開始している中、夢は7人制ラグビーが競技入りするリオデジャネイロオリンピックへの出場です。

商社マンとしても、ラガーマンとしても「できる限り挑戦を続けたい」と話す荻野岳志選手を応援しましょう。

五輪にもトライ!荻野、春から商社マンも「挑戦続けたい」
http://www.sanspo.com/rugby/news/20150118/jap15011805000001-n2.html

スポンサーリンク

荻野 岳志(おぎの・たけし)選手

1993年1月5日生まれ、22歳。神奈川・戸塚市出身。神奈川・柏陽高1年からラグビーを始め、早稲田大学先進理工学部物理学科に進学。19歳以下、20歳以下の日本代表を経験しています。身長175cm、体重78kg。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です