平成生まれの社会人の退職理由1位は「成長できない」

newcomer-150325

突然だが想像してみてほしい。
働き方が変わってきている今、辞め方もまた変化してきている。

平成27年となり、平成生まれの人たちも社会人として働き始めている世代も増えてきています。社会人3~4年目を迎え、ようやく一人で様々な業務をこなせるようになってきている時期ですが、反対に就職した会社に見切りをつけ退職することが多い時期でもあります。

転職サイトを運営しているヴォーカーズが発表している「平成生まれの退職理由ランキング」によると、新卒入社後3年以内に退職した平成生まれの大きな2つの退職理由として「キャリア成長が望めない」(25.5%)、「残業・拘束時間の長さ」(24.4%)が挙げられています。

また、退職した人の4人に1人は、在職していた会社でのキャリア成長に限界を感じ、新しい会社での成長を求めて退職していることが明らかになっています。

主要な9つの業界での退職理由として、「残業時間・拘束時間の長さ」が小売、不動産、教育、飲食、メディアでトップとなっており、金融、官公庁、レジャーでは「キャリア成長が望めない」、保険、金融では「仕事内容とのミスマッチ」という理由が退職理由1位でした。

近年は若手社会人による入社後すぐの退職が問題視されており、その原因のひとつとも言われるのが採用のミスマッチです。

これは、企業側と求職者側の求めるものが一致していなかったことによるもので、対策次第では事前に防ぐことができたものだとはいえ、例年よりも就職活動期間が短くなった2015年に活動を行った人たちは、短い期間で自分に合った企業を選択することができたのでしょうか。

スポンサーリンク

多い退職理由

退職理由で最も多かったのは、「キャリア成長が望めない」(25.5%)で、「現状の会社でのキャリアに対する不安」と、「より具体的なキャリア成長」といった、退職につながる二つの方向性が見えてきています。

退職した人の意見によると、「安定はしているが、女性の成長機会がなかなか設けられていない」(紙・パルプ、女性)、「長い将来を考えると、手に職がついていなく、つぶしのきかない仕事内容に思えたため」(航空、女性)など自身のキャリアについての不安が目立っています。

その一方で、「他のキャリアアップをしてみたかったから。一生に一度の人生であり、いろいろと挑戦してみたかったから」(官公庁、男性)、「もともと海外で働きたいという想いがあり、そのチャンスがあったため退職を決意」(レジャー、男性)というように、終身雇用制が崩れ年功序列でのキャリアアップが望めない現代の社会人は、長い下積み時代よりも早く次のステップに進みたい、という思いが強いようです。

企業は以下に成長できる場を提供し続けるかが、これまで以上に重要なポイントとなってくると考えられます。
2番目に多い理由は、「残業・拘束時間の長さ」(24.4%)で、1位の「キャリア成長が望めない」と並ぶ、2大退職理由となっています。

業界を問わず残業時間の多さに悩む若手社会人が多いことがわかり、「サービス残業」に繋がっている現状も多く不満が募る現状があるようです。

退職した人の意見では、「残業が慢性化しており、定時で上がれることはまずありませんでした」(アパレル、女性)、「拘束時間が長い、自分にやることがなくても、お客さんのデータ待ちで帰れない」(代理店、女性)、「残業代がでない。仕事の拘束時間が長く、転勤も多い」(小売、男性)などが挙げられています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です