プリンを箸で食べ、カレーは水っぽい、受刑者の不満

prison-150906

突然だが想像してみてほしい。
罪を憎んで人を憎まずの精神。

刑務所における生活は一般社会からは想像しにくく、テレビや小説などで脚色されたものでしかわかりません。
全国の刑務所などに収容されている6万人以上の受刑者たちの不満の内容が、有識者で構成されている「刑事施設視察委員会」の2014年度活動報告で明らかになりました。

報告では食事や風呂など生活に密着した意見が多く、一般社会との生活環境の差異が際立っており、法務省矯正局では「施設ごとの受刑者の特質や設備の違いに応じて、処遇に差が付いてしまうところもある」としていますが、刑事施設視察委員会が出した意見の7割に前向きな反応をみせています。

スポンサーリンク

プリンを箸で食べ、カレーは水っぽい

「受刑者の最大の関心事」ともいわれる食事には多くの報告がなされており、帯広刑務所では「プリンやヨーグルトを出すときにはスプーンをつけるように要望する」という意見がありました。

スプーンがないために食事用の箸で食べることになりますが、元矯正局員によると「プリンやヨーグルトは箸でかき混ぜて、容器に口をつけて飲んでいる」といいます。

他の多くの刑務所ではスプーンが貸し出されるようになっており、帯広刑務所でも指摘を受けた結果、2014年末から紙製のスプーンが支給されるようになりました。矯正局では「金属やプラスチックのスプーンは安全面から渡せず、紙製であれば予算がつけば大丈夫です」と話しています。

また、福井刑務所に対しての意見では「カレーが水っぽい。片栗粉などで水っぽさをなくすように配慮を」とあり、刑務所側では「片栗粉を入れて濃度の調整を行っている」と回答しています。

矯正局では刑務所の食事は職員が必ず試食しているといい、試食をしたことがあるという矯正局幹部は「一般の食堂と比べてもまずくない」、刑事施設視察委員会の経験者も「一般の食堂と比べてもまずくない」と口をそろえたものの、やはり食事については人の好みが出てしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

ほかにも、「配食が不平等」、「冬は食事が冷めてしまっている」、「ケチャップを購入させてほしい」、「高齢者がオレンジの皮をむけない」など食事に関する意見は枚挙にいとまがありません。

配食については「給食係の受刑者が豚汁を器に入れた後、刑務官が改めて具を振り分ける」といった行為は、平等に具を振り分けるためであっても「自分だけは具が振り分けられない」と思い込んでしまうこともあるといい、矯正局では「受刑者は平等であることが非常に大事」と説明しています。

風呂は毎日入りたい、冬はお湯を使いたい

食事も要望の多い意見のひとつですが、入浴など生活に密着した意見も少なくありません。

府中刑務所では「週2~3回の入浴回数を増やしたい」、「15分の入浴時間を30分に延長したい」という要望があり、日本弁護士連合会の刑事拘禁制度改革実現本部本部長代行、海渡雄一弁護士は「一般社会では毎日、風呂に入っている。夏などは衛生上も問題だ」と指摘しています。

この要望に対し矯正局では、「多くの刑務所では人数に対し風呂場が小さく増設の必要がある。また、監視要員や燃料費が増えることにもなる」と話し、簡単には実現しそうにはありません。

ちなみに、入浴回数については「刑事施設及び被収容者の処遇に関する規則」で「一週間に2回以上」と定められています。

また、長野刑務所では冬場でも理髪後の洗髪に水を使っているといい、刑事施設視察委員会が改善を求めたところ、刑務所側は「予算や施設の管理運営の状況を踏まえ、実施する方向で検討する」と回答しました。理容師の資格を取得する社会復帰プログラムを設ける刑務所ではお湯を使用しており、施設により状況は異なっているようです。

受刑者の世代による好みの違いも

受刑者には運動時間が与えられていますが、ソフトボールよりもサッカーやフットサルがやりたい、という意見があるほか、ラジオ放送をめぐっては「のど自慢を聞きたい」「野球は聞きたくない」などと世代による好みの違いが表れています。

刑務所側ではサッカーやフットサルの実施について、「監視の困難さや怪我の危険性から現時点ではできないが、諸事情が解決すれば問題ない」としており、ラジオ放送については「希望調査を実施している」としていますが、さまざまな世代が生活を共にするため、どの世代からも不満が出ない状態にすることは限りなく難しいことでしょう。

なぜ犯罪者を厚遇するのか

ここまでを読み進めると、「なぜ犯罪者の生活を良くする必要があるのか」という疑問を抱くこともあるのではないでしょうか。

日本弁護士連合会の刑事拘禁制度改革実現本部本部長代行、海渡雄一弁護士は「受刑者は罪を犯し、刑務所で罰を受けている。自由な生活ができないことそれ自体が苦痛なのに生活環境でさらに苦痛を与え、社会を恨むようになれば、社会にプラスなことはない。受刑者が『こんなによくしてくれた』と感じることが、社会復帰や社会貢献につながると確信している」と主張し、刑事施設視察委員会の活動を評価しています。

刑事施設視察委員会では、北海道の網走刑務所から鹿児島県の鹿児島刑務所まで77の刑事施設に設置されており、弁護士や医師、地域住民など372人の委員で構成されています。

視察員は施設の視察や受刑者らと面接を行い、施設長に意見を提出し、2014年度は計191回の視察を実施して575件の意見を提出しました。

刑務所側ではこのうち396件について対応を行ったか、対応を行う予定だとしています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です