海外への年賀状は70円、年賀はがきとの差額18円切手はすき焼き、ラーメン

line-150213

突然だが想像してみてほしい。
海外に年賀状・グリーティングカードを送る人、切手取集家の人はぜひ。

日本郵便は10月29日から2016年1月29日までの期間限定で、52円の通常はがきなどを航空便扱いの国際郵便はがきとして差し出す際に必要となる郵便料金(70円)との差額(18円)に対応した、グリーティング切手「海外グリーティング(差額用)」を発行しました。

「海外グリーティング(差額用)」の切手デザインは、日本国内・国外の人々が日本をイメージしやすい食べ物として、日本の伝統料理である「すき焼き」と、日本国内外で人気のある「ラーメン」を題材としています。

「海外グリーティング(差額用)」は年賀状やクリスマスカードなど、郵便による季節のあいさつに利用でき、1シートに18円切手10枚(すき焼き、ラーメン各5枚)180円分で、発行枚数は400万枚(40万シート)となっています。

海外在住の方だからといってメールやSNSを通じてクリスマスや年始のあいさつをするのではなく、あえてはがきを使用してみるのも良いのではないでしょうか。

「海外グリーティング(差額用)」の発行:日本郵便

スポンサーリンク

海外年賀

近年はメールやSNSの利用で年賀状を出すことも少なくなりつつありますが、まだまだ新年の最初のあいさつとして日本ではおなじみです。

年賀状の文化は日本以外でもクリスマスカードやグリーティングカードの形で似たような風習があり、海外で仕事や勉強で頑張る家族や友人、お世話になった人などに年賀状を送ってみてはいかがでしょうか。

日本国内では52円で年賀状を送ることが出来ますが、海外に送る場合は70円が必要となります。もちろん、日本で販売されている年賀はがきを使用し、差額の18円切手を貼ることで送ることもできます。

海外へ年賀はがきを送る場合、はがきは横にして使用し、宛名面の空いている場所に「AIR MAIL」と「POST CARD」と記入し、差出人住所氏名は上辺に、受取人の住所氏名は下辺にそって記入します。

また、お年玉くじの部分や年賀の部分はわざわざ消す必要はありません。

ただし、日本国内のように年賀特別郵便(元日配達)は提供されてないため、年始に届けるためには日本郵便のホームページに記載されている「お届け日数表(通常郵便物:航空便)」を目安に出す必要があります。

全世界に70円で出せる年賀状、「すき焼き」や「ラーメン」の切手で日本らしさを演出すると、きっと喜ばれるに違いありません。

海外年賀:日本郵便

お届け日数表(通常郵便物:航空便):日本郵便

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です