「警察官」希望者減少、治安要員確保と育成へ警察の苦悩

worker-150122

突然だが想像してみてほしい。
大変な仕事ではあるからこそ門戸を広げて、多くの可能性を探ることが必要。

来春に卒業を迎える学生の就職活動が本格化する中、全国の警察は志望者減少に頭を悩ませ、オープンキャンパスや一芸入試、身体基準を緩和する方針をとっています。

「アベノミクス」により民間企業の採用は拡大傾向で、その反面、不景気に強いとされる公務員の人気は低下傾向といえます。「きつい」「危険」「帰れない」と警察が抱える「3K」のイメージを払拭して、市民の安全を守る未来の警察官確保の戦いが続いています。

アベノミクスで希望者減少「警察官」 日本の治安要員確保・育成へ警察当局の苦悩:産経新聞

スポンサーリンク

警視庁オープンキャンパス

2016年に卒業を予定する学生らを対象にした就職活動は3月1日に解禁されており、この日東京都府中市にある警視庁警察学校には真新しいリクルートスーツに身を包んだ学生や保護者ら約1250人が詰めかけました。

「一人でも多くの優秀な人材を集めるには警察の仕事を知ってもらい、やりがいを肌で感じてもらうのが一番」と、警視庁の幹部は「警視庁オープンキャンパス~採用フェスタ2015」と銘打った説明会を初めて開催した理由を話しています。

会場の進行役にはサッカーのワールドカップ予選の際に軽妙マイクアナウンスを用いた誘導で話題になった「DJポリス」が務め、校舎の中庭ではSP(警護官)の車列警護や白バイ隊のドリル走行を実演、また講堂に設けたブースではアルミニウム粉末などを使って瓶についた自分の指紋を採取する鑑識体験が行われました。

団塊世代の大量退職に伴う欠員補充やストーカー犯罪など近年増加する新しい犯罪への対応のために人員の増加が求められる一方で減り続ける志望者。「採用活動は今、全庁を上げて行う一大任務になっている」と警視庁の採用担当者は強調しています。

一芸採用にアラサーOKなど、門戸を広げ勧誘

警視庁によると、2014年に東京都内で実施した採用試験の受験者数は1万6030人と、2010年の2万9908人をピークに毎年2~3千人ずつ減少しています。

「東京オリンピックも控える中で人材確保は待ったなしの状態。優秀な人材を確保するには待ちの姿勢というわけにはいかなくなっている」と警視庁の採用担当者は危機感を示し、他の都道府県の採用担当者も同様の意見を抱いています。

警察庁によると、2013年度に全国で警察官採用試験を受けたのは11万635人で競争倍率は7.5倍で10倍以上の倍率となったのは警視庁と、群馬県・沖縄県警察だけとなりました。

ここ数年の競争倍率が10倍に届かない数値で推移している大阪府警察では、2014年度からスポーツ経験や企業実績を自己PRする「一芸採用」制度を導入し、元プロ野球選手や元芸人を採用しました。

また、身長や体重の基準を緩和する傾向も出ており、警視庁のように「現場で容疑者と対峙することなどを考慮すれば、質の低下を避けるためにも一定の体格は必要」として基準を維持する警察がある一方で、長野や徳島、愛媛県警察などは身体条件を全廃しました。

年齢制限も同様で、多くの警察が30歳近くの「アラサー」世代にも門戸を開放し、山形、兵庫県警察は上限年齢を35歳にまでに引き上げています。

映画や災害対策活動で海上保安庁や自衛隊は人気

受験者の減少もさることながら、採用試験への合格後の辞退者の多さにも採用担当者は悩んでいるといいます。警視庁では合格者の約3割が内定を辞退、その後の警察学校入学後には約1割が「規律が厳しくて自分にあわない」「体力的についていけない」などという理由で辞めていくといいます。

大原法律専門学校の広川英明次長は「危険、きつい、帰れないといったイメージや保護者が望まないといった理由から警察官の志願者が減っている実感はある」としながらも、「一方で警察官を始めとした公安職にやりがいを感じる一定の層は存在する」と指摘し、海上保安庁は映画「海猿」の影響で志望者が増えたほか、自衛官は東日本大震災での活動が広く報道されることで人気を維持しています。

広川次長は「警察は最も早くからドラマや映画が数多く作られてきており、若い世代は真新しさを感じにくい。そうすると、公安職を目指す人材の取り合いで不利になるのではないか」と分析し、「遠回りのようでもサイバー犯罪など新たな分野で多様な人材が必要となっていることや、警察ならではの社会的意義を地道に伝える取り組みをしていくしかないのではないか」としています。

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 少、治安要員確保と育成へ警察の苦悩 「アベノミクス」により民間企業の採用は拡大傾向で、その反面、不景気に強いとされる公務員の人気は低下傾向といえます。 totsuzen.net/police-150502 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です