外国人の7割が日本人の口臭を指摘、オーラルケアの重要性

food-150329

突然だが想像してみてほしい。
楽しい会話も口臭で台無し、とならないように。

世界で最も多くの患者がいる感染症は「歯周病」です。日本でも35歳を超えると約8割が歯肉炎も含めた歯周病にかかるという調査結果がある一方で、日本人600名に対し、「あなたは自分が歯周病だと思いますか?」という質問をしたところ、9割が「思わない」と回答するというアンケート調査の結果が発表されています。

また、在日外国人100人に対し、「日本人の口臭にガッカリした経験がありますか?」という質問では、7割を超える人が「はい」と回答しており、多くの外国人が日本人の口臭を気にしているのにもかかわらず、日本人は原因ともなる歯周病についてまったく自覚がないという結果になっています。

このアンケート調査は、歯ぐきの健康を通じて身体全体の健康を推進する団体である「オーラルプロテクトコンソーシアム」が行った「オーラルケアの実態に関する意識調査」によるものです。

アンケート調査では、2020年に開催される東京オリンピックに向けて「日本人は口臭の改善を試みるべき」と約4割の在日外国人が回答し、約7割が「もっとオーラルケアを徹底してほしい」と願っていることが明らかになりました。

スポンサーリンク

日本人は口臭に対する意識が低い

「オーラルプロテクトコンソーシアム」が行った「オーラルケアの実態に関する意識調査」は全国の20~40代の日本人男女600名と、在日外国人100名(アメリカ:60名、ヨーロッパ:40名)を対象に行われました。

結果、日本人と外国人での意識の違いは大きく、日本人の口臭に対する意識の低さが現れる結果となりました。また、口臭の原因ともなる歯周病について多くの日本人は自覚がなく、「オーラルケア」の意識の低さも浮き彫りになっています。

2011年(平成23)の歯科疾患実態調査によると、小・中学生の約4割、大人の約5割に、歯肉炎の症状が生じていることが明らかになっており、乳幼児および幼少期は、オーラルケアや食習慣などの基本的な歯科保健習慣を身につける時期として非常に重要であり、生涯を通じた歯の健康づくりに対する波及効果も高いと言われています。

しかし、日本人の一日の歯磨きなどオーラルケアを行う回数は、「2回」が43%、次に「1回」が29%、「3回」が26%となっており、約70%は一日2回以上と忙しい中でもオーラルケアが行われている一方で、約8割が歯周病にかかるという状況は、適切なオーラルケアが行われているとは言えない証拠です。

口臭は生活習慣や体質などによって発生するものですが、多くの場合は口の中や歯に蓄積された歯垢や汚れなどが原因で、日々の丁寧な歯磨きやオーラルケアで防ぐことができるものです。

ただ、回数の多い少ないだけではなく、リスクの高い部分がしっかりケアされていないことが歯周病や口臭の大きな原因であると考えられ、歯周病が発症しやすい歯の隣接部分や、最も奥にある臼歯などについて、適切なオーラルケアを行うことが重要です。

40歳から歯周病に注意

40歳前後で歯周病が急に多くなる原因として、免疫機能の低下が要因として挙げられています。遺伝やストレス、睡眠不足などに加え、加齢そのものも大きな要因です。

免疫力が低下していると感染症のリスクは反比例して上昇し、免疫機能が低下することで歯周病菌が繁殖するのも当然だと言えるでしょう。

「疲れやすい」「疲れが取れない」「風邪をひきやすい」というのは免疫力が低下している証拠です。身体が発するサインを見逃さず、まずは不健康な生活習慣を改善したいものです。

歯周病は口の中だけの病気に留まらず、全身に悪影響を及ぼすことが明らかになりつつあります。歯周病菌や、歯周病菌が作り出した毒性物質が血流から身体を巡り、さまざまな部位で増殖し炎症物質を生み出し身体をむしばんでいくと考えられています。

歯周病の予防や治療が、肥満や糖尿病、動脈硬化など生活習慣病の改善や、アルツハイマーの進行を遅らせる可能性が指摘されています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です