お年玉の相場は?計算式は「年齢÷2×1000円」

r1-150202

突然だが想像してみてほしい。
お年玉、貰えるうちが華。

いよいよお正月、親戚が集まる場合など、こどもらへお年玉をあげる方も多いことでしょう。とはいえお年玉の金額には頭を悩ますところでえす。そもそもお年玉の金額は何を基準に決めればよいのでしょうか。お年玉のルーツや金額の基準を探ってみましょう。

お年玉とは単にお小遣いとしてお金を渡すということだけではなく、こどもの一年が実りのあるものとなるように願う風習だといわれています。だからこそ、安易な考えではなく実りある一年とすることを願い、それを目安に金額を考えるのが理想的です。

現代では年齢を基準とした算出式が妥当だという意見もあります。それは「年齢÷2×1000円」前後というもので、6歳であれば3000円、8歳で4000円前後となります。

しかし、三和銀行ホームコンサルタントの調査によると、自分のこどもにあげるお年玉の平均額は小学校入学前で1000円が最多、小学校低学年で3000円、小学校高学年・中学生で5000円、高校生で1万円という意見が最多となっています。親類や知人のこどものばあいは小学生までが3000円、中学・高校生で5000円が最多となっています。

ただ、お金の価値がまだわかっていない未就学児には品物で渡すのも良いと思われます。

スポンサーリンク

お年玉を渡すときの礼儀

お年玉を渡すときもただ渡せば良いというわけではありません。

お年玉袋に入れるお札は新札を用意しておき、渡すときにはこどもだけがいる時ではなく、親とともにいるときに渡すのがルールです。また、その場で中身は確認させず、お礼を言わせるようにしお金の有難みを教えることが必要でしょう。

また、お年玉本来の意味である、この一年が実りのあるものであるようにとの願いを込めているということを言葉で伝えることも大切だといわれています。

他にも、「お年玉」とは本来、目上の人が目下の人にあげるものであり、たとえば上司のこどもに渡すのも失礼にあたるとされるので注意が必要で、目上の人のこどもへお年玉を渡す場合、「お年賀」として図書券や文具券などの品物を渡すのが好ましいでしょう。

目上の人に渡すお年賀

近年では祖父母や退職した両親や感謝の気持ちを込めて「お年玉」を渡すことが増えています。その場合は、目上の人に渡すことになるので「お年賀」として渡さなければなりません。

お年玉やお年賀は、正月のお飾りやお餅を基準として考えられるため、松の内の1月7日ごろまでに渡すのが良いでしょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です