7月31日の満月「ブルームーン」を見ると幸せに?ひと月で2度目の満月

moon-150730

突然だが想像してみてほしい。
ひと月に2度輝く満月はどちらも「ブルームーン」です。

2015年7月31日は満月で「ブルームーン」となります。

ひと月のうちに満月を二度迎えることを「ブルームーン」と呼ぶことがあります。天文学用語でもなく、また「月が青く輝く」といったことはありません。

月の満ち欠けは約29.5日周期で、基本的には1か月に一度しか満月にはならないため、2~3年ごとにしか「ブルームーン」は現れません。

前回の「ブルームーン」は2012年8月2日と31日、2015年7月2日と31日の次は、2018年1月2日と31日となります。
ひと月のうちに2度の満月「ブルームーン」をともに見ることができると幸せになる、といった言い伝えが世界各地には残されているようですが、月の満ち欠けを暦としてきた古代に倣って、7月31日は満月を眺めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ブルームーンとは

天文学や気象学には「ブルームーン」という用語はなく定義もはっきりされていませんが、次の3つを「ブルームーン」と呼ぶことが多いようです。

  1. 本当に月が青く見える様子
  2. 春分・秋分・夏至・冬至で区切られた4季節の中で4回満月がある場合に三度目の満月
  3. ひと月に満月が二度ある場合

実際に月が青く見える「ブルームーン」は、火山の噴火や隕石の落下時に発生するガスや塵などの化学物質の影響により、月が青く見えたことからそう呼んでいました。

この「ブルームーン」は極めて珍しい現象で、北アメリカなどでは「とても稀なこと」を表す慣用句として「once in a blue moon」などど使われるようになったと言われています。

2番目の「4つの季節の中で4回満月がある場合」について、通常は季節の長さは3か月になり満月が現れるのも3回となります。

しかし月の周期が約29.5日なのに対し、1か月は平均30.4日と長いために季節の最初の数日以内に満月を迎えた場合、季節の終わりに4度目の満月となり、3回目ではあるものの季節の最期ではない満月を「ブルームーン」と呼ばれました。

3番目の「ひと月のうちに満月が2回ある場合」については、1946年にアメリカの天文雑誌「スカイ&テレスコープ」が2番目を誤解し、「ひと月のうちに満月が2回ある場合に、その2回目の満月がブルームーンである」と掲載していましたが、これは誤りだったことが確認されています。

しかし、現在においてもこの記事の内容をそのまま引用している例が多く、「ブルームーンはひと月のうちに満月が2回ある場合に、その2回目の満月を指す」と説明しているところが多いようです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です