「怪獣酒場」がウルトラ戦士に発見されたため戦略的一時撤退

monster-150219

突然だが想像してみてほしい。
憩いの場もヒーローに見つかってしまっては撤退も致し方ない。

「ウルトラマン」シリーズに登場した怪獣たちが集う居酒屋「怪獣酒場」が2015年3月をもって「戦略的撤退」することが円谷プロダクションから発表されました。

「怪獣酒場」は、ヒーローたちに時に健闘し、時にこてんぱんにされるウルトラ怪獣たちが、夜な夜な憂さを晴らし、気力を養って、明日への新たな悪巧みをするところです。

2014年3月に神奈川県川崎市のJR川崎駅前にオープンし、世を忍んで営業していましたが、一部の時間帯を「地球人に開放する」として、1年間の期間限定開放とされていました。

「怪獣酒場」の「バルタン店長」によると、「ウルトラ戦士に怪獣酒場の存在が気づかれてしまった」とのことで、地球一時撤退を発表しています。

スポンサーリンク

バルタン店長のメッセージ

ワレワレは、偉大なる宇宙人・怪獣諸氏のための憩いと議論の場として密かに運営していた「怪獣酒場」を、キミたちが「地球」と呼ぶこの星「M240惑星」の住人達に、期間限定で一部開放していた。感心なことに、地球人にはずいぶんとワレワレの支援者が多く、昨年末には、開放期間の延長も決定していた。

しかし、事態は急変した。ウルトラ戦士たちに気が付かれてしまったうえ、守りの要であった「ジャミラの真実の口」が故障してしまったのだ。このような無防備な状態では、営業を続けることはできない。

そこで残念ながら、予定通り、地球時間の2015年3月末をもって、怪獣酒場の地球人向け解放を終了することをここに告げる。

これは戦略的撤退であり、ウルトラ戦士から逃げ出すものではない。またいつの日か、キミたちに会えることを願っている。

「怪獣酒場」地球一時撤退について
http://www.kaiju-sakaba.com/message/

ジャミラの真実の口

「ジャミラの真実の口」は来店者が地球防衛隊員やヒーローに変身する能力があるかなど「ウルトラ戦士」を確かめるもので、バレンタインイベントの成功で調子に乗ったという「バド星人」が打ち上げの大宴会の際に、水をかけて故障させてしまいました。

「ジャミラの真実の口」の故障により、ウルトラ戦士の侵入を防ぐことができず、早急な対策が検討されていましたが、残念ながら3月末に一時撤退が決定しています。

しかし、「ウルトラ戦士を油断させる為の偽りの撤退」であるとし、「我々は必ず帰ってくる。」というバルタン店長の言葉を信じ、待ち続けましょう。

なお、4月16日に同じ場所で「怪獣酒場」を開放する予定のようです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です