イオンスマホに「Xperia J1 Compact」、VAIO Phoneなど登場

mobile-150127

突然だが想像してみてほしい。
スマホはキャリアだけからしか買えないという時代ではないということを。

「イオンスマホ」のラインアップに、ソニーの「Xperia J1 Compact」と、京セラ「KYOCERA S301」、日本通信とVAIOの「VAIO Phone」の3機種が春夏モデルとして加わることがわかりました。

「KYOCERA S301」と「VAIO Phone」は3月27日に、「Xperia」は4月20日に発売される予定です。

ソニー「エクスペリア(Xperia)」シリーズ、イオン格安販売
突然だが想像してみてほしい。 高級を売りにしていた携帯端末が、格安路線に参入し市場が活性化することを。 ソニーが「エクスペリア」シリーズをイオンの各店舗で販売する予定であることがわかりました。イオンはこれまでにも「格安スマホ」の販売に参入していましたが、そのライン...

イオンモバイル
http://www.aeonretail.jp/campaign/newcom/smartphone.html

スポンサーリンク

Xperia J1 Compact

「Xperia J1 Compact」は約4.3インチ(1280×720ピクセル表示)ディスプレイを備えた約138グラムのの端末で、防水機能や、おサイフケータイに対応しています。

  • CPU:2.2GHzクアッドコア
  • メモリ:16Gバイト(RAM 2Gバイト)
  • カメラ:2070万画素
  • 電池容量:2300mAh
  • OS:Android 4.4

So-netの音声通話付きデータ通信プラン「PLAY SIM」との組み合わせで提供されることになります。

端末代金(税別一括価格5万4800円)は24回の分割払いの場合、下記のようになります。

  • 高速通信1日70Mバイト付きの月額料金が税別3563円(うち通信料金1280円)
  • 高速通信1日120Mバイトなら3863円(うち通信料金1580円)
  • 高速通信1日同200Mバイトなら同4863円(うち通信料金2580円)

KYOCERA S301

「KYOCERA S301」は防水・防塵・耐衝撃機能を備えたタフネス端末です。連続通話最大約22時間・待ち受け最大約780時間と、「イオンスマホ最高の省エネを実現した」としています。

  • カメラ:500万画素
  • OS:Android 4.4

BIGLOBEの音声通話付きデータ通信プラン「BIGLOBE LTE・3G」との組み合わせで提供されることになります。

端末代金(税別一括価格2万9800円)は24回の分割払いの場合、下記のようになります。

  • 月間高速通信1Gバイト付きの月額料金が税別約2591円(うち通信料1350円)
  • 月間高速通信5Gバイト付きなら約2891円(うち通信料1650円)

VAIO Phone

「VAIO Phone」は5.0インチ(720×1280ピクセル表示)ディスプレイを備えた端末です。

  • CPU:1.2GHzクアッドコア
  • メモリ:16Gバイト(RAM 2Gバイト)
  • カメラ:1300万画素
  • 電池容量:2500mAh
  • OS:Android 5.0

日本通信の「b-moblie」の音声通話付きデータ通信プランとの組み合わせで提供されることになります。

端末代金(税別一括価格4万8000円)は24回の分割払いの場合、下記のようになります。

  • 月1Gバイト高速通信を利用できるプランが月額税別2980円(うち通信料980円)
  • 高速通信使い放題のプランが3980円(うち通信料1980円)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です