M-1開催は冬に延期、今夏復活予定もTHE MANZAIと共存共栄

m1-150306

突然だが想像してみてほしい。
漫才師ナンバーワンを決める2つの大きな大会が、いずれも年末に行われるということを。

2015年夏の復活を予定していた若手漫才コンビ日本一決定戦「M-1グランプリ2015」の開催時期を冬に延期されることになりました。

朝日放送の脇阪聰史社長は3月6日に会見し、「M-1にとって一番いい時期はいつなのかという議論で、冬がベストという判断に至った」と説明しており、具体的な時期としては「11月か12月」と明言しています。

当初の夏開催から変更したことについて、「夏に向けて準備を進めていたのは事実だが、制作サイドに、夏開催のイメージがどうしてもわかなかった。視聴者にとっても、ナンバーワンは冬に決めるものだという固定観念があると思う」と話し、「M-1にとって一番いい時期は、2010年までやっていた冬がベスト」と制作サイドの意見を尊重した結果だとしています。

また、「M-1グランプリ」休止後に新しく開催されている漫才コンテスト「THE MANZAI」とは共存共栄を目指す方向ですが、冬開催となると時期が重なることについては、「M-1グランプリは若手のナンバー1を決めるアマチュアも参加可能な大会、THE MANZAIとは大きく方向性が違い差別化は可能」としており、同じ冬開催となることについては問題がないとしています。

出場資格や審査員などの具体的な大会規定は「最後の詰めをしている段階」とし、予選会は夏以降に実施予定で、「M-1グランプリ」と「THE MANZAI」での日程重複は回避する方針です。

スポンサーリンク

M-1グランプリ

M-1グランプリは島田紳助さんが企画し、吉本興業が主催していた結成10年目までのコンビ、グループを対象としていた漫才のナンバーワンを決定するコンテストとして、2001年に第1回大会が開催されました。

2010年、第10回の開催を持って終了することが発表され、吉本興業は「大会を通じて、漫才が隅々まで広まった。10年の節目をもって発展的解消することが、次につながる」と説明していました。

2011年より後継と言える大会として「THE MANZAI」が開催されます。「THE MANZAI」では結成年数による制限はされないものの、アマチュアの参加資格はありませんでした。

「M-1グランプリ」「THE MANZAI」歴代優勝者

グループ名 受賞当時の所属事務所 出場組数
2001年 1 中川家 吉本興業(大阪) 1,603組
2002年 2 ますだおかだ 松竹芸能 1,756組
2003年 3 フットボールアワー 吉本興業(大阪) 1,906組
2004年 4 アンタッチャブル プロダクション人力舎 2,617組
2005年 5 ブラックマヨネーズ 吉本興業(大阪) 3,378組
2006年 6 チュートリアル 吉本興業(大阪) 3,922組
2007年 7 サンドウィッチマン フラットファイヴ 4,239組
2008年 8 NON STYLE よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京 4,489組
2009年 9 パンクブーブー よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京 4,629組
2010年 10 笑い飯 よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京 4,835組
M-1グランプリ終了、THE MANZAI開始
2011年 1 パンクブーブー よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京 1,516組
2012年 2 ハマカーン ケイダッシュステージ 1,740組
2013年 3 ウーマンラッシュアワー よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京 1,855組
2014年 4 博多華丸・大吉 よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京 1,870組

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です