コインランドリー進化、大容量洗濯乾燥で使わなければ損します

laundry-151103

突然だが想像してみてほしい。
コインランドリーの薄暗いイメージも今は昔。

コインランドリーというと、自宅に洗濯機を置けない学生などの単身者が利用しているイメージがありましたが、布団やカーテン、絨毯と言った家庭用洗濯機では洗いにくい大物の洗濯に利用したり、花粉やダニのアレルギー対策やPM2.5など環境汚染対策のため利用する人が増えているといいます。

布団など大物の洗濯は、以前はクリーニング店を利用していた人たちがリーマンショック後などの不景気もあってか、コインランドリーを利用する人が増加した要因だと考えられています。

また、コインランドリーも「進化」しており、洗濯から乾燥までをひとつの機械で行えるようになり、容量も大きくなり家族全員分の布団カバーやシーツを洗える容量を持った機械も登場しています。

コインランドリー店舗内も「薄暗い」「入りにくい」「気味が悪い」といった過去のイメージを払拭するべく、店内は明るく、壁や天井も明るいイメージを持ち、落ち着いたBGMが流れるなど、環境面でも進化しているといいます。

スポンサーリンク

コインランドリー

1960年代に銭湯の横につくられたのが始まりとされるコインランドリーは、1980年代以降の都市利便性の向上による人口増大に伴い、多くのワンルームマンションやアパートで生活する人も増えたものの、洗濯機の騒音や設置場所がないといった理由から単身者の利用が多くみられていました。

洗濯物が盗まれないためにも、洗濯が終わるまでは見張っておく必要がある、洗濯機と乾燥機が別々であるため、洗濯物を乾燥させるために移し替える必要があることなどもあり、単身者以外が利用することは稀なことでした。

しかし、近年では花粉やダニアレルギー、PM2.5などの対策として利用する人が増えたといい、また、かつてはクリーニング店に依頼していた羽毛布団や季節ものの布団、カーテンや絨毯と言った家庭用洗濯機では難しい大物の洗濯にコインランドリーを利用する人が増えてきています。

以前のコインランドリーは基本的には無人のところがほとんどでしたが、現在は24時間営業のうち8時から20時までは従業員が常駐しているコインランドリーもあり、定期的な消毒を実施するなど徹底的なサービスが行われているところでは利用者の9割が女性のところもあるようです。

コインランドリーの大きな魅力は大容量のものをまとめて洗えるところで、家庭用洗濯機では数回に分けて選択する必要がある骨の折れる作業が、コインランドリーを利用することで一度で終えられることもあり、一人暮らしの人だけではなく、こどもを持つ家庭でも重用されています。

また、以前の機械では洗濯機と乾燥機が分かれていたために洗濯物の移し替えが必要でしたが、最近の機械では洗濯から乾燥までを同一の機械で行え、仕上がるまでの時間で買い物を済ませる、こどもを迎えに行くなどと有効に使うことが出来ると言います。

戦後、洗濯機が登場したことで家事の時間は短くなりましたが、現代のコインランドリーは、それをさらに短縮する存在といえるかもしれません。女性が広く社会進出し共働き世帯が増えたことや、高齢者の一人暮らしの増加、不景気など、さまざまな時代の要因がコインランドリーの進化を後押ししているのかもしれません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です