レーザーポインターの危険性、航空機や新幹線への照射が問題に

smartphone-150309

突然だが想像してみてほしい。
一直線に進むレーザー光、人に向けるのは絶対避けなければいけない。

レーザーポインターは会議やプレゼンテーションという場面である一点を指し示すために使用するものですが、最近では航空機や新幹線を標的としたレーザーポインタによるレーザー光照射事件が相次いでいます。レーザーポインターがあてられることによる影響とはどのようなものなのでしょうか。

レーザーポインターは手元の小さな動作で広範囲かつ距離を気にせず指し示せることから取り扱いが非常に簡単で、近年急速に普及しています。ただし、レーザーの特性として光線の持つエネルギーが拡散せず遠距離まで届くため、正しい使い方をする必要があることから、現在では国内で販売されているレーザーポインターは光出力などが法律で制限されるようになっています。

また、一方でレーザーポインターを利用したいたずらや事件も発生しており、社会問題にもなっています。

1997年にはプロ野球、ヤクルトスワローズの吉井理人投手(当時)の目の付近にレーザーがあてられるという事件が発生し、この事件によりレーザーポインターの存在と問題点が世間に広く知れ渡るようになりました。

野球のみならずサッカーや競馬などでもレーザーポインターを用いた事件が発生しただけではなく、航空機や新幹線を標的とした事件も相次ぎ逮捕者まで出ている状況ですが、けして「いたずら」で済むようなものではありません。

スポンサーリンク

レーザーポインターの規制

レーザーポインターはその名のとおり、レーザー光で特定の場所を指し示すために使用され、ペン型やマウス型など非常に小型・軽量で手軽に使用できる機器です。

レーザーには高密度エネルギーを一点に集中するという特徴があり、レーザーポインターが普及しだした頃には一部の業者が使い方を誤ると危険な高出力な製品を玩具市場に流したため、こどものが事故を起こすケースが各地で発生し、片手に収まるサイズでありながらレーザー光を直視すると危険なレベルのものがたくさんあったといいます。

このした事態を受け、経済産業省では2001年施行の消費生活用製品安全法により「消費者に危害が及ぶ恐れ」のある製品のひとつとされ、最大出力を1mW以上の製品の販売が禁止されました。

1mWとは「0.25秒間未満の直視は問題無いとされる」出力で、主にプレゼンテーションなどに使われるレーザーポインター用で、こどもの玩具向けにはさらに出力を抑えた0.2mW前後の出力という規制になっています。

しかし、実際にはその規制を大きく超えるとみられる製品が販売されており、航空機や新幹線などを狙った事件では法定基準内の製品では届かない距離にまで到達しているけーすもあることから、このような非正規品の製品が使用されている可能性も指摘されています。

レーザー光を直視すると

レーザーポインターなどを用いたレーザー光照射事件は、航空機や新幹線などといった公共交通機関に加え、野球やサッカー、競馬などのスポーツ、またコンサート会場などでも大きな問題となっています。

現在販売が許可されている製品ではたとえレーザー光を直視したとしても、ごく短い時間であれば問題ないとされていますが、長時間照射された場合や、非正規の高出力のものであればごく短い時間であっても網膜が損傷する可能性も指摘され、視力や視野に悪影響を及ぼすだけでなく、最悪失明の恐れもあります。

また、瞬間的に視野が極端に狭くなる「視野狭窄」の恐れも指摘され、沖縄・普天間基地でレーザー光による照射被害を受けてアメリカ軍は、「夜間用の暗視装置を利用しているときは特に危険で、墜落などの重大事故につながりかねない」と懸念を示しました。

正規に販売されているものでも面白半分に人に向けることは避けるべきで、細心の注意を払うことが大切です。また、インターネットなどで非正規の高出力の製品を手に入れ、航空機や新幹線などに照射するのは冗談ではすまず、多くの人の命に関わるという認識をするべきです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です