iPhoneが特定の文字列を含むメッセージ受信でクラッシュ

smartphone-150308

突然だが想像してみてほしい。
いたずらでメッセージが届いてもあわてずに対処を。

AppleのiPhoneで特定の文字列を含んだメッセージを受信すると、iPhoneがクラッシュするバグがあることが判明し、Appleも現象を確認し対応することを明らかにしています。

このバグはアラビア語の文字や漢字などを含む特定の文字列を受信すると、iPhoneがクラッシュした後に自動で再起動されることになるようで、特定の文字列を処理できないことでアプリがクラッシュしたり、システムが再起動する模様です。

この問題は「iOS 8.3」がインストールされたiPhoneで確認されているほか、iPadやApple Watchでも特定の文字列を含んでメッセージを受信することで同様の問題が起きることがわかっています。

不正なメッセージを受信してしまった場合には、誰かにメッセージを送ってもらうか、自分自身宛にメッセージを送信することでクラッシュを回避できると伝えられています。

また、Appleでもこの現象を確認しているとして、「特定のユニコード文字列によってiMessageに問題が発生することは認識している。ソフトウェアアップデートで修正する」と説明しています。

スポンサーリンク

バグへの対応

特定の文字列を受信したiPhoneはクラッシュし再起動することになりますが、再びメッセージを開くたびにiPhoneはクラッシュすることになります。

クラッシュや再起動の連続からの回復方法については、会話ビューであればアプリを開けるので、Siriや写真など他のアプリを利用して自分自身にメッセージを送るか、ほかの誰かにメッセージを送ってもらうことで回避できるとしています。

メッセージアプリが正常に開くことができたら、特定の文字列を含んでいた会話スレッドを削除することで、暫定的な対応は完了となります。

すべてのiPhoneにこのバグが存在するわけではなく、iOSのバージョンと設定の組み合わせでバグが出現するようですが、iPhoneがテキストメッセージによる攻撃でクラッシュするというバグは今回が初めてではありません。2013年にも特定の文字列がSafariとメッセージアプリをクラッシュさせるバグが発見されていました。

いたずらや攻撃に自衛対策を

Appleがバグを修正するまでユーザーはこの問題について、悪意のある攻撃やいたずらからiPhoneを守るため、次のような自衛の対策を取っておくとよいでしょう。

「設定」を開き、「通知、メッセージ」と進み、「ロック画面に表示」のオプションを無効にし、「ロックされていないときの通知のスタイル」で「バナー」以外を選択する。

Appleの広報担当者も「特定のUnicode文字列でiMessageに問題が起こることを承知しており、この問題を修正するソフトウェア・アップデートを準備中」だとしていますが、提供される時期は明らかになっていません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です