次期「iPhone」は感圧タッチ搭載で大幅アップグレードか

mobile-150206

突然だが想像してみてほしい。
新たな端末が続々と登場する中、勝ち続けるためには性能向上が必須か。

2015年の秋に発売が予想されているAppleの次期「iPhone」は、機能や性能が大幅に向上する可能性があると、台湾のKGI証券の著名アナリスト、ミン・チー・クオ氏が顧客向けへの調査ノートで報告、海外メディアが報じています。

ミン・チー・クオ氏はかねてより、「iPhone 6」の後継モデルでは感圧タッチと呼ばれる技術が採用されるだろうと報告しており、今回明らかとなった調査ノートでも感圧タッチについて触れ、次期「iPhone」における主要な機能となるだろうと予測しています。

感圧タッチの機能は、現行の12インチ「MacBook」と13インチ「MacBook Pro Retina ディスプレイモデル」のトラックパッドに使われているほか、発売されたばかりの腕時計型端末「Apple Watch」のディスプレイにも採用されており、指先で軽く触れる「タッチ」と、強く押す「プレス」の違いを感知するものです。

ミン・チー・クオ氏によると、感圧タッチにより端末の操作方法がこれまで以上の豊富になり、より一層iPhoneの使い勝手が向上するものだとしています。

スポンサーリンク

次期「iPhone」

次期「iPhone」では感圧タッチに加え、プロセッサが現行の「iPhone 6」シリーズで使われている「A8」から「A9」に変わり、メモリも1GBから2GBになると予想し、背面のメインカメラは800万画素から1600万画素に向上するとしています。

この他にも、画面サイズが大きくなるのと反比例しより薄型となった「iPhone 6」シリーズで取りざたされた本体強度の問題にもAppleは取り組むだろうと予測しました。

次期「iPhone」は、「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」という名称になるのではと噂されており、Apple Watchのスポーツモデルと同じく、標準的なアルミニウム合金よりも強度の高い「7000シリーズアルミニウム」が使われるとの報道も見られています。

さらに指紋認証機能である「Touch ID」の精度向上も図られ、Apple Watchの最上位モデルのような「ローズゴールド」カラーも用意される可能性をミン・チー・クオ氏は報告しました。

また昨年「iPhone 6」シリーズで採用が噂されたものの実現しなかったサファイアディプレイは、「iPhone 6s Plus」で採用される可能性を挙げましたが、全モデルでの提供ではなく限定モデルが別途用意されることも報告されています。

マイナーチェンジではライバルに勝てない

ミン・チー・クオ氏の調査ノートがすべて正しいとは限りませんが、Appleの新製品や発売時期を独自調査により予測し当ててきた人物として知られ、予測精度の高さには定評がある人物です。

Appleは短期間で「iPhone」の機能を大幅に向上し続けていることは韓国サムスンの「Galaxy S」シリーズなどライバル製品との間での競争が激化していることが考えられています。

Appleは画面を大型化した「iPhone 6」シリーズでそれまでに失った顧客を取り戻すことに成功したといわれていますが、次々と新しい端末が展開される中で顧客を定着化させること、新たな顧客を取り込むためにはマイナーチェンジではなく、フルモデルチェンジのような大幅な機能向上が必要になっていくことは間違いありません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です