ドバイワールドカップ1着賞金600万ドル、エピファネイアは

horse-150204

突然だが想像してみてほしい。
日本馬は二度目の栄冠を手にすることができるのか。

3月28日にアラブ首長国連邦メイダン競馬場で「ドバイワールドカップ」が行われます。日本からはエピファネイア、ホッコータルマエが出走を予定しています。

ドバイワールドカップ(G1)は日本時間3月28日(土)26:00発走(29日午前2:00)、メイダン競馬場でダート2000m、1着賞金が600万ドル(約7億2000万円)という世界最高賞金のレースです。

同日は「ドバイワールドカップデー」として、メイン競走となる「ドバイワールドカップ」に加えて、「ゴドルフィンマイル(G2)」、 「ドバイゴールドカップ(G2)」、「UAEダービー(G2)」、「アルクォズスプリント(G1)」、「ドバイゴールデンシャヒーン(G1)」、「ドバイターフ(G1)」(旧ドバイデューティフリー)、「ドバイシーマクラシック(G1)」と複数の国際招待レースが開催されており、各国から一流の競走馬が集まる競馬の祭典として定着しています。

「ドバイシーマクラシック」にはハープスター、ワンアンドオンリーが出走、「UAEダービー」にはゴールデンバローズ、ディアドムス、タップザットが出走を予定しています。

日本馬の活躍に期待しましょう。

スポンサーリンク

ドバイワールドカップ

アラブ首長国連邦・ドバイ首長国の王族であり、また世界有数のオーナーブリーダーとして知られるシェイク・モハメド氏が、当時の世界最高賞金レースだったアメリカのブリーダーズカップ・クラシックを超える賞金のレースとして1995年に設立した国際レースが「ドバイワールドカップ」です。

シェイク・モハメド氏は17歳の時に留学したイギリス・ケンブリッジで、競馬発祥の地の文化に触れたことで、競馬を一生の友とすることを決意するとともに、祖国ドバイを世界の競馬において重要な拠点とすることを、生涯の目標として掲げたと言われています。

早くからイギリスなどで馬主として活動し、1994年には兄とともに競走馬の生産・管理・調教などを行う組織ゴドルフィンを設立して以後、世界的な数々の大レースを制しています。

「ドバイワールドカップ」は総額賞金が世界最高金額の1000万ドルで1着賞金600万ドル、以下2着から6着までにそれぞれ200万ドル、100万ドル、50万ドル、30万ドル、20万ドルの賞金が与えられています。

その名に相応しく世界各国の最強馬クラスの競走馬が参戦する世界最高峰のサラブレッド種による競走とされる。同日にはドバイミーティングと題して「アルクォズスプリント」「ドバイシーマクラシック」「ドバイターフ」「ドバイゴールデンシャヒーン」など複数の国際招待レースが開催され、ドバイのみならずアラブ首長国連邦の競馬の祭典として定着している。

第1回競走は1996年に実施され、前年のアメリカ・ブリーダーズカップ・クラシック覇者であった歴史的名馬「シガー」が参戦、見事に勝利しシガーは14連勝を飾っています。シガーの参戦もあり、「ドバイワールドカップ」は一気に国際競争としてのステータスを確立することとなりました。

第1回の1996年から第14回の2009年までは、ナド・アルシバ競馬場ダート2000mで施行されており、第6回2001年には日本のトゥザヴィクトリーが2着に入る健闘を見せ牝馬による初の賞金獲得を果たしています。

第15回2010年よりメイダン競馬場での開催に変更、施行条件もオールウェザー2000mとなり、第16回2011年には日本のヴィクトワールピサが日本勢として初優勝、2着にもトランセンドが入り、史上4例目となる海外G1競走における日本勢ワン・ツーフィニッシュを達成しています。

第20回と節目となる2015年は、メイダン競馬場で行われることは変更ないものの、オールウェザーでの開催からダートに変更されることが最大の焦点となっています。

ダート開催時の1996年から2009年までの14年間で8勝、オールウェザー開催時の2010年から2014年までの5年間では1勝に留まっているアメリカ勢が再びダートで力を見せるのかが注目を集めています。

ドバイワールドカップ歴代優勝馬

施行日 調教国 馬名 性齢 タイム 騎手 調教師
第1回 1996年3月27日 アメリカ シガー 牡6 02:03.8 J.ベイリー W.モット
第2回 1997年4月3日 イギリス シングスピール 牡5 02:01.9 J.ベイリー M.スタウト
第3回 1998年3月28日 アメリカ シルバーチャーム 牡4 02:04.3 G.スティーヴンス B.バファート
第4回 1999年3月28日 アラブ首長国連邦 アルムタワケル 牡4 02:00.7 R.ヒルズ S.ビン・スルール
第5回 2000年3月25日 アラブ首長国連邦 ドバイミレニアム 牡4 01:59.5 L.デットーリ S.ビン・スルール
第6回 2001年3月24日 アメリカ キャプテンスティーヴ 牡4 02:00.4 J.ベイリー B.バファート
第7回 2002年3月23日 アラブ首長国連邦 ストリートクライ 牡4 02:01.2 J.ベイリー S.ビン・スルール
第8回 2003年3月29日 アラブ首長国連邦 ムーンバラッド 牡4 02:00.5 L.デットーリ S.ビン・スルール
第9回 2004年3月27日 アメリカ プレザントリーパーフェクト 牡6 02:00.2 A.ソリス R.マンデラ
第10回 2005年3月26日 アメリカ ロージズインメイ 牡5 02:02.2 J.ヴェラスケス D.ローマンズ
第11回 2006年3月25日 アラブ首長国連邦 エレクトロキューショニスト 牡5 02:01.3 L.デットーリ S.ビン・スルール
第12回 2007年3月31日 アメリカ インヴァソール 牡5 02:00.0 F.ハラ K.マクローリン
第13回 2008年3月29日 アメリカ カーリン 牡4 02:00.2 R.アルバラード S.アスムッセン
第14回 2009年3月28日 アメリカ ウェルアームド せ6 02:01.0 A.グライダー E.ハーティー
第15回 2010年3月27日 フランス グロリアデカンペオン 牡6 02:03.8 T.ペレイラ P.バリー
第16回 2011年3月26日 日本 ヴィクトワールピサ 牡4 02:05.9 M.デムーロ 角居勝彦
第17回 2012年3月31日 アラブ首長国連邦 モンテロッソ 牡5 02:02.7 M.バルザローナ M.アル・ザルーニ
第18回 2013年3月30日 アメリカ合衆国 アニマルキングダム 牡5 02:03.2 J.ロザリオ G.モーション
第19回 2014年3月29日 アラブ首長国連邦 アフリカンストーリー せ7 02:01.6 S.デソウサ S.ビン・スルール
第20回 2015年3月28日
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です