ステイゴールドが急死、オルフェーヴルやゴールドシップの父

horse-150205

突然だが想像してみてほしい。
化け物じみた子孫を残した父が突然いなくなってしまったことを。

競走馬として香港ヴァーズ、ドバイシーマクラシックを制したステイゴールドが急死しました。種牡馬としてもオルフェーヴル、ドリームジャーニーなどを輩出し、今春も種付けを予定しておりましたが2月5日、21歳で天に召されることとなりました。

ステイゴールドは種牡馬として北海道日高町にあるブリーダーズスタリオンステーションで過ごしており、5日の午後も種付けを済ませていました。その後、スタッフが様子のおかしさに気付きホースクリニックに輸送、検査を受けましたが状態は判明せず、しばらく後に苦しみ出し容態が急変し、この世を去りました。

死因は酪農学園大学で解剖検査をした結果「大動脈破裂」ということが発表されています。

スポンサーリンク

ステイゴールドの戦績

父サンデーサイレンス、母ゴールデンサッシュのもと、1994年3月24日に誕生し、栗東・池江泰郎厩舎からデビューを果たしました。

サラブレッドの平均体重が470キロ程度と言われるのに対し、ステイゴールドは430キロ前後と小さな体で、重賞では善戦するものの勝ちきれない姿にもどかしさを感じながらもファンには愛された競走馬であり、6歳でようやく重賞を勝利、さらに7歳になり海外に初参戦したドバイシーマクラシックをも勝利したのでした。

国内ではG1勝利には恵まれませんでしたが、引退レースとして臨んだ香港ヴァーズでG1初制覇を成し遂げ、多くの人に感動を与え、有終の美を飾ったのでした。

国内では日経新春杯、目黒記念の重賞2勝。海外では香港ヴァーズ、ドバイシーマクラシックを制覇しており、通算成績は50戦7勝でした。

ステイゴールドの種牡馬としての実績

種牡馬入り後は、小さな体ながらも活躍を見せる産駒が続々と登場し、初年度から重賞を制覇する産駒も誕生しています。次年度産駒の代表であるドリームジャーニーは朝日杯フューチュリティステークスを勝利し、産駒初のG1勝利を挙げました。

その後もドリームジャーニーの全弟であるオルフェーヴルが2011年、史上7頭目となる牡馬クラシック三冠馬となり、翌年2012年でも牡馬クラシック二冠馬ゴールドシップを輩出するなど、爆発的な力強さを持つ産駒を次々に誕生させました。

牝馬でも2013年にレッドリヴェールが阪神ジュベナイルフィリーズを制し、勢いはとどまることを知らない状態で、父であるサンデーサイレンスの後継種牡馬として、その名を残そうとしています。

2014年終了現在で、中央競馬における産駒のG1競走19勝は、サンデーサイレンスの後継種牡馬の中ではディープインパクトに次ぐ2位となっており、その能力値の高さは誰しもが認めるところでした。

代表産駒には、G1を3勝したドリームジャーニー(有馬記念、宝塚記念、朝日杯フューチュリティステークス)、ナカヤマフェスタ(宝塚記念)、G1を6勝したオルフェーヴル(皐月賞、東京優駿、菊花賞、有馬記念2勝、宝塚記念)、G1を5勝しているゴールドシップ(皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念2勝)、フェノーメノ(天皇賞・春2勝)、レッドリヴェール(阪神ジュベナイルフィリーズ)などが挙げられます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です