タカラトミー、浮いて走る「リニアライナー」9月発売

hobby-150526

突然だが想像してみてほしい。
レールトイはのんびりで走る姿を眺めるのが楽しくもあるが、最先端の技術で走る姿も美しい。

株式会社タカラトミーは、「磁力浮上」と「磁力走行」の両方を実現したミニチュアリニアモーターカーの開発に成功し、「リニアライナー 超電導リニアL0系スペシャルセット」を2015年9月から発売することを発表しました。

「リニアライナー」は、これまでのレールトイでは成し得なかった磁力浮上と磁力走行を同時に行う「浮いて走る」夢のリニアモーターカーです。タカラトミーが独自に開発し、特許出願中である高速磁気センサー技術により実現したもので、回転式モーターや車輪、ギアといった通常駆動に必要な一切の要素が排除されており、車両に搭載された磁石およびコイルと、レールに取り付けられた磁石との反発により、レールから浮上して走行します。

希望小売価格は税抜き35,000円となっています。

タカラトミー 「リニアライナー」

スポンサーリンク

時速500kmをスケールスピードで実現!

リニアライナーは約時速6~7kmと高速で走行し、超電導リニアL0系の営業運転最高時速である時速500kmを、スケールスピード(約1/90)で達成しています。高速走行実現の最も大きな要因として、車輪とレールとの摩擦がないことが挙げられ、走行音が静かであることも特徴です。

リニアライナーは「磁力浮上」と「磁力走行」の2つの仕組みがあり、磁力浮上についてはレールに取り付けられている帯状の磁石と、各車両の底四隅に搭載された磁石の反発力で、車両が約2mm浮上します。

次に磁力走行については、各車両すべてに「高速磁気センサー」と「推進用コイル」が搭載されており、レール上の磁石を感知し、推進用コイルに電流が流れることで電磁石化し、レールと車両の磁石同士の反発で推進力を発生させ車両の走行が可能となっています。

「リニアライナー」は大人向けおもちゃ

「リニアライナー」は4両で形成されるリニアライナー本体と、充電や停発車の操作と周回ごとのスケールスピードを表示でき、音声アナウンス機能などを搭載したコントロールステーションに加え、レールパーツ、橋げた、山梨実験線のトンネル緩衝工をモデルとしたトンネル、山梨のリニア実験線にかかる小形山架道橋をモデルとした陸橋で構成されています。

コントロールステーションはACアダプタの使用をするか、もしくは単3電池10本でも動作し、車両本体は有線でバッテリー充電を行い、30分の充電で20分走行が可能としています。

「リニアライナー」の対象年齢は8歳以上と設定されていますが、タカラトミーでは60歳以上の「シニア層」も重要なターゲットとしてみているといいます。1970年の大阪万博などを通じて、リニアモーターカーに一番強いあこがれを持つと思われる層が、「リニアライナー」の購入者40%近くが購入層ではないかと予想しています。

シニア層に向けた車両も検討しているといい、追加レールは複線構造や切り替えポイントなど従来のレールトイにもあったものが考えられています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です