男の子は母親似、女の子は父親似の医学的根拠は?

egg-150723

突然だが想像してみてほしい。
何はともあれ健康に育ってくれることを願う。

男の子はお母さんに、女の子はお父さんに似る、ということを聞いたことがある人は多いでしょう。自分の身近な人々やテレビに映る有名人の親子を見ているとなるほどと納得することもありますが、実際のところ医学的には根拠のあることなのでしょうか。

学生時代に習ったように、人間の性別を決定する染色体を「性染色体」と呼び、X染色体とY染色体の2種類が組み合わさっています。性染色体が「XY」であれば男性となり、「XX」であれば女性となり、性別は受精の瞬間に決まることになります。

つまり、男性は母親から「X染色体」を、父親から「Y染色体」を受け継いだということになり、女性は母親から「X染色体」、父親からも「X染色体」を受け継いだということになります。

男性の「Y染色体」は一般に遺伝子情報をあまり含んでいないとされていることから、男性の場合は母親から受け継いだ「X染色体」の遺伝子が強く出る可能性が高くなります。ただし、女性にある2つの「X染色体」のうち1つの「X染色体」は弱い働きであると言われるため、弱いほうの「X染色体」を受け継いだ場合には母親よりも父親に似ることが多いと言われています。

スポンサーリンク

優性遺伝と劣性遺伝

親の特徴を受け継ぐ「遺伝」については、「遺伝学の父」とも呼ばれるメンデルによって背の低いえんどう豆と背の高いえんどう豆を使った遺伝の研究により、優性遺伝、劣性遺伝があることがわかっています。

この場合の優性とは優秀なという意味ではなく、劣性についても劣っている遺伝子というわけではなく、どちらかの特徴が優位に出るということに過ぎません、

例えば、背の高い遺伝子を「A」、背の低い遺伝子を「a」とした場合、「AA」という遺伝子を持つ親と、「aa」という遺伝子を持つ親からできた子は「Aa」という遺伝子を持つことになります。この場合に「A」が優性遺伝子であるとすれば、「Aa」という遺伝子を持つ子は「背が高い」ということになります。

互いに「Aa」の遺伝子を持つ両親の場合は、「AA」「Aa」「Aa」「aa」という組み合わせのいずれかが子に伝わることになりますが、「aa」の場合は、両親ともに「背が高い」のに子は「背が低い」ということにもなります。

人間の遺伝で優勢とされるものに、次のようなものがあります。

  • (優性)二重まぶた – (劣性)一重まぶた
  • (優性)くせ毛 – (劣性)真っ直ぐな毛
  • (優性)黒い瞳 – (劣性)青い瞳
  • (優性)黒髪 – (劣性)赤髪
  • (優性)赤髪 – (劣性)金髪
  • (優性)長いまつげ – (劣性)短いまつげ
  • (優性)黒人 – (劣性)白人

ただ、優性遺伝子の特徴は現れやすいものの、ごくまれに劣性遺伝子の特徴が現れる珍しい例も報告されています。

どちらに似るかは「環境」も関係

親子は長い時間をかけて共同生活していると、こどもが親の真似をするなど知らずのうちに影響を受けていきます。遺伝的な要因はもちろんですが、育てられた環境によっても形成されていくと考えられるでしょう。

環境の影響を完全に遮断して育てていくことはあり得ないことですから、まずは一番身近な両親がこどもの手本となるようにしていきたいところです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です