田中将大投手「パワプロ」フロントドア&バックドアを多投

game-150313

突然だが想像してみてほしい。
フロントドアとバックドアがゲームの世界に早くも取り入れられています。

ニューヨークヤンキースに所属する田中将大投手(26)が、コナミデジタルエンタテインメントのAndroid・iOS向けに配信しているスマートフォン用ゲーム「実況パワフルプロ野球」のテレビCMに出演します。

公式サイトの動画では、広島カープに復帰した黒田博樹投手が投げて話題となった「フロントドア」と「バックドア」を多投し、バッターを打ち取る姿が見られます。

CMは13日から放映となります。

スポンサーリンク

実況パワフルプロ野球をプレーする田中将大投手

3月12日にオープン戦に登板、2回を打者6人無安打無失点の2奪三振と好投した田中将大投手ですが、ゲームの中では自身もなかなかできないという「フロントドア」、「バックドア」を巧みに操りました。

「実況パワフルプロ野球」の公式サイト(http://www.konami.jp/pawa/app/)で公開されている動画では、田中将大投手が実際にゲームをプレーするシーンがあり、自身同様に投手としてゲームに興じているシーンでは、得意とするスライダーを現実さながらに有効に使い打者を打ち取っています。

右打者へのスライダーは内角高めからのけぞらしつつ配球も見せ、「こんなところにスライダーとか投げられないですから。実際にはなかなかあんなインハイ、コントロール出来ないですからね」と、ゲームならではのコントロールに笑顔を見せました。

テレビCMは全4種類が放送される予定で、WEB動画は5種類が配信されています。

また田中将大投手がプロデュースしたオリジナルシナリオ「北雪高校編」がスタートし、「ゲームクリエイター」デビューをした感想について「女性アイドルが好きな僕としては、すごく楽しいものになるんじゃないかと思っています」とゲームの出来に自信を見せています。

実際の田中将大投手もオープン戦で好調

3月12日に行われたブレーブスとのオープン戦に先発登板し、2回を投げて2三振を奪い、無安打無失点と好投を見せています。

今季実戦初登板となるマウンドで一人の走者も許さない完ぺきと言える投球を披露し、バッテリーを組んだマキャン捕手も「昨シーズン前半の時のような本来の姿に戻った」と高評価しています。

また「シンカーが最も印象に残った」とコメントし、「しっかり落ちていたよ。スプリットも同様だった。思い通りにコントロールできていたよ」と田中将大投手の投球を絶賛しました。

ダイヤモンドバックスから移籍してきたグリゴリアス選手は、ショートの守備位置から田中将大投手の19球を間近にし、「低めにしっかりとボールを集めていた。本当にすごい」と驚きを見せました。

シーズンに入っても怪我なく好調を維持し、ワールドシリーズに登板できるよう期待したいところです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です