「GALAXY S6 Edge」は「iPhone 6 Plus」同様50kgの圧力で変形

mobile-150206

突然だが想像してみてほしい。
軽く薄く作られているものなのだがら、取り扱いは慎重に。

韓国のサムスン製最新スマートフォン「GALAXY S6 Edge」は、「ポケットに入れていると曲がる」と話題になったアップルの「iPhone 6 Plus」と同様に約50kgの圧力で曲がり、ヒビが入るとアメリカのSquareTradeが報じています。

「iPhone 6 Plus」の曲がりやすさは発売直後から話題になっており、「ズボンのポケットに入れていたら曲がってしまった」といった利用者からの報告が見受けられていました。

「iPhone 6 Plus」は5.5インチのディスプレイサイズを持ち、端末の厚さは7.1ミリとなっており、非常に薄く作られている端末でしたが、「GALAXY S6 Edge」もディスプレイサイズは5.1インチながら、端末の厚みは7.0ミリと「iPhone 6 Plus」よりも薄いつくりとなっています。

SquareTradeが、スマートフォンの中央部分に少しずつ圧力を加える専用マシン「Bendbot」を用いて検証したところ、「iPhone 6 Plus」は110ポンド(約50キロ)の圧力で曲がり、179ポンドで起動しない状態となっています

「GALAXY S6 Edge」で同様の検証を行ったところ、「iPhone 6 Plus」同様に110ポンドで曲がり、149ポンドで起動しない状態となったとされており、110ポンドで「iPhone 6 Plus」の画面は割れなかったものの、「GALAXY S6 Edge」ではヒビが入っています。

「iPhone 6 Plus」や「GALAXY S6 Edge」に限らず、長時間座るような場合はポケットからスマートフォンを取り出し、圧力をかけ続けない状態にすることが望ましいでしょう。

「GALAXY S6 Edge」の日本発売はまた発表されておりませんが、ご利用時には注意ください。

スポンサーリンク

曲がる「iPhone 6 Plus」

iPhone 6 Plusがアメリカで発売された後、「ポケットに入れていたiPhone 6 Plusが曲がってしまった」という報告が何件かあり、ズボンの後ろ側に入れて体重がかかっただけでなく、前側のポケットに入れて半日ほど過ごすと曲がったという状況もあったといわれています。

アップルではこういった報告を受け、「iPhone 6 Plus」が「通常の使用で曲がることはまれ」とコメントとしたうえで、通常の使用で問題が発生した場合は報告するようユーザーに呼び掛けていました。

また、アメリカの非営利消費者団体が発行する情報誌「Consumer Reports」では、「iPhone 6 Plus」および「iPhone 6」の強度テストの結果を発表し、いずれも「インターネット上で騒がれているよりずっと頑丈で、考えられているほど曲がりやすくない」としています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です