魚の体脂肪計で脂の乗り具合がわかる!魚のブランド化実現へ

fat-150212

突然だが想像してみてほしい。
プロの目で判断していたものが豊富なデータにより機械化を実現。

秋刀魚や鰤など脂の乗った魚の美味しさは言うまでもありませんが、その「脂の乗り具合」を測定する機器「フィッシュアナライザ」を計測機器の製造販売を行う大和製衡(兵庫県明石市)が長崎大学水産学部などと共同で開発しました。

人間が使用する体脂肪計と同様に、魚に微弱な電流を流して脂肪率を計測する仕組みで、魚の美味しさの指標のひとつでもある「脂の乗り具合」が食べる前に数値としてわかるため、「魚のブランド化にいかせる」と漁業関係者らの注目を集めています。

Fish Analyzer(フィッシュアナライザ)DFA100:大和製衡

スポンサーリンク

フィッシュアナライザ

「フィッシュアナライザ」は長さ約18センチ、幅約8センチ、厚さ約4センチの鮮魚専用測定機です。

魚の背びれ近くに電極を押し当て、ボタンを押すとわずか3秒で脂肪率が測定でき、計6魚種(アジ、サバ、イワシ、サンマ、ブリ、マグロ)の脂肪率を測定できるとともに、検量線モードにてあらゆる魚の脂の乗り具合を測定することができます。

開発が始められたのは2010年8月のことで、きっかけは国立研究開発法人ん・水産総合研究センター(横浜市)の研究開発職員だった村田昌一さん(現・長崎大教授)から「出荷する魚の価格が美味しさに比例して決定すれば漁師の所得も上がり、漁師減少に歯止めがかけられる」と共同開発を持ち掛けられたことでした。

それまでにも測定原理の異なる計測機器はありましたが、価格は100万円台と非常に高価なものだったといいます。

「フィッシュアナライザ」に取り入れられた計測方法は、人間の体脂肪計と同様に魚に微弱な電流を流し、電流の流れにくさを示す抵抗値から脂肪率を推定する「生体電気インピーダンス法」で、脂肪が多いほど電流が流れにくくなる特性がありますが、魚の種類によって電流の流れにくさと脂肪率との関係が異なるため、約3年かけて実際に多くの魚の脂肪含有量と、電流の流れにくさとの関係を割り出しました。

一般的に魚の脂肪率と味の関係について、脂が乗っている=脂肪率が高いほど美味しいとされますが、「フィッシュアナライザ」を用いることで簡単に脂の乗り具合が数値で確認でき、脂のたっぷり乗った魚や、ほどほどの脂の乗り具合の魚など、好みにあわせた魚を販売することも可能だと言えるでしょう。

「フィッシュアナライザ」は2015年2月に1台あたり約14万円で発売が開始され、これまでに300台以上が売れており、2016年春には対応魚種が増やされる予定だといい、大和製衡によると「食べる前の魚のおいしさが数値で分かる。漁業関係者に幅広く使ってほしい」と話しています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です