近くばかりを見てピントが固定される「スマホ老眼」が若者に急増

mobile-150206

突然だが想像してみてほしい。
同じ姿勢でいるととても疲れるのは、目でも同じこと。

20代、30代の若者が「老眼」に悩んでいます。というのも、スマートフォンなどを長時間見続けるひとが増えてきているからだと考えられており、「スマホ老眼」と新たな現代病であるという指摘もされています。いずれにせよ目の酷使には注意を払う必要がありそうです。

ある20代の男性は、「ふと腕時計を見たり、電車の中で路線図を確認したりするときに、文字がぼやけて判読しづらくなった」と話し、症状を感じるのは主に夕方であるとし、また週末に向かうにつれて見づらさを感じる時間が増えているといいます。

男性は職ではパソコンで業務を行うほか、外回りの際にもスマートフォンでのメール確認など情報を収集しています。

そして、仕事を離れてもゲームをしたり、友人とメッセージをやり取りしたりとスマートフォンを手放すことができません。

近くのものにピントが合わないという症状はまさに「老眼」の状態ですが、こうした若者が増えているようです。

スポンサーリンク

スマホ老眼

「手元が見づらい」、「日によって同じ場所にあるものが見えたり、見えなかったりする」などと老眼の初期症状のような悩みを訴える20代、30代は確かに増えており、医学用語ではないものの「スマホ老眼」で目の酷使が原因ではないかと眼科医は語ります。

「スマホ老眼」の悩みを抱える若者は2、3年前までは月に2、3人程度でしたが、今では10~20人にまで増えているといい、視力そのものに特別に異常は認められないものの、ピント調節がスムースにおこないことが特徴だといいます。

近くのものを見る場合、毛様体という筋肉の働きによってレンズの役割を果たす水晶体の厚さを変えることでピントを合わせていますが、加齢により水晶体が硬くなる、また毛様体が衰えることでピントの調節ができなくなるのがいわゆる「老眼」で40歳前後からその症状は現れてきます。

一方で「スマホ老眼」は、医学的には「調節緊張」と呼ばれる症状で、近くを長時間見続けるなどした結果、筋肉が凝り固まってしまい、ピント調節がうまくできなく症状です。老眼ではなく症状は一時的なものになりますが、重篤化することでピント調節機能が働かなくなることもあるようです。

パソコンの使用でも同様の症状は起こりえますが、スマートフォンの場合はより短い距離で小さな画面を凝視することになるため、近年「スマホ老眼」が増加した理由だといえるでしょう。

スマホ老眼の増加

眼鏡業界紙を発行する眼鏡光学出版(東京)では、眼鏡を日常的に使用する1万人を対象に視力の状況についてアンケートを取ったところ、老眼の症状を訴える若者(10代後半~34歳)は、2012年の0.5%から2013年には6.7%と急増していることが分かりました。

スマホ老眼との関連は定かではないものの、スマートフォンの世帯保有状況が40%台から60%台へと急増した時期とも重なり、関連性は否定できません。

眼鏡チェーンでも老眼予防を呼びかけ、ビジョンメガネでは老眼予防につながるとされるストレッチや食事を紹介する社員向けのマニュアルを作成し、一部店舗で老眼症状のある来店者へのアドバイスを実施しているといい、また眼鏡ースーパーでも目の緊張をやわらげるリラクゼーションルームを併設した新形態の店舗を都内に2015年開店しています。

国際医療福祉大学熱海病院眼科講師の田野貴俊さんは「生活に溶け込んだスマホやパソコンが新たな現代病をもたらしているといえる。長時間の使用を控え、目のケアに関心を持ってほしい」と話しています。

スマホ老眼への対処法

スマホ老眼の対処法として、国際医療福祉大学熱海病院講師の田野貴俊さんは「パソコンやスマホを1時間続けたら10~15分休み、遠くの景色をながめる。立体的で、奥行きのある風景画などを見るのも良い。目を温めると、疲れを取る効果がある。」と話し、「症状が改善しない場合は眼科を受診してください」と呼びかけています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です