「500 TYPE EVA」新幹線がエヴァ仕様でコックピット搭乗体験も

evangelion-150131

突然だが想像してみてほしい。
旅行の移動中も楽しまなきゃ損。

JR西日本は山陽新幹線の全線開業40周年と、アニメ「エヴァンゲリオン」のテレビ放送開始20周年を記念して、11月7日から運行が始まる予定の山陽新幹線「500 TYPE EVA」車両に、エヴァンゲリオンの実物大コックピットなどを用意した「展示・体験ルーム」と、「EVAデザイン」を施した「特別内装車」を設けると発表しました。

「500 TYPE EVA」は、山陽新幹線の全線開業40周年とアニメ「エヴァンゲリオン」のテレビ放送開始20周年を迎えたことを記念し、「新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト」として500系新幹線をエヴァ風に装飾し、新大阪~博多間で運行が始められる予定です。

「500 TYPE EVA」の運転席がある1号車が「展示・体験ルーム」となり、「実物大コクピット搭乗体験」や「新幹線×エヴァンゲリオンパネル」、「ジオラマ」、「フォトスポット」の4つを楽しむことができるようになっています。

また、2号車の「特別内装車」では「EVAデザイン」に包まれた車内空間を楽しむことができます。

なお、「実物大コクピット搭乗体験」と「展示・体験ルーム」への入室には、インターネットなどから事前予約が必要となります。

運行期間は2015年11月7日から2017年3月が予定されており、博多発6時36分で新大阪着11時14分の「こだま730号」、新大阪発11時32分で博多着16時07分の「こだま741号」として走ります。

「500 TYPE EVA PROJECT」スペシャルサイト

スポンサーリンク

実物大コクピット登場体験の事前予約

「500 TYPE EVA」の1号車で実施される体験コーナー「実物大コックピット搭乗体験」、展示コーナー「新幹線×エヴァンゲリオンパネル」、「フォトスポット」、「ジオラマ」では事前予約が必要となっています。

予約方法は「500 TYPE EVA PROJECT」スペシャルサイトからの応募による抽選、旅行会社で販売される専用旅行商品を購入する方法(後日発売予定)の2種類が用意されています。

「500 TYPE EVA PROJECT」スペシャルサイトからの予約については、「J-WESTネット会員」への登録が必要となっており、2015年10月7日(水)AM10:00開始(予定)となっています。

また、予約方法および抽選・当選発表、専用旅行商品などの詳細は順次発表される予定です。

2号車はEVAデザイン特別内装車

「500 TYPE EVA」の2号車は、「EVAデザイン」が施された「特別内装車」となります。「NERV(ネルフ)」マークが通路の床面や窓の日よけに描かれているほか、シートや頭部のカバーまで「エヴァ仕様」となります。

なお、2号車「特別内装車」は、通常の自由席として利用することが可能です。

ベースは「こだま」

「500 TYPE EVA」は、1997年に登場し新幹線で初めて時速300kmでの営業運転を行ったJR西日本の500系新幹線がベースとなっています。2010年には「のぞみ」から引退し、現在では山陽新幹線で「こだま」として運行されています。

その500系新幹線が「エヴァンゲリオン」監督の庵野秀明さん監修、メカニックデザイナーの山下いくとさんによる車両デザインで、「500 TYPE EVA」としてエヴァンゲリオンの世界観が楽しめる車内空間となっています。

JR西日本では「500 TYPE EVA」の運行期間中に、記念旅行商品やグッズ販売など様々な催しを予定しているといい、「500 TYPE EVA PROJECT」スペシャルサイトで順次発表していくとしており、担当者は「この機会にぜひ山陽新幹線でお出かけください」とコメントしています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です