エレベーターに鏡が設置されている理由をご存知ですか?

elevator-151226

突然だが想像してみてほしい。
何気なく利用するエレベーターにある鏡の利用目的とは。

日本の土地事情も相まってか高層マンションやオフィスビルなど高い建物はさほど珍しくありません。当然のようにエレベーターが設置されていますが、エレベーターの中に必ずと言っていいほど存在するものをご存知でしょうか。それは「鏡」ですが、設置理由は身だしなみを整えるためでも防犯目的でもないのです。

エレベーターに当然のように備え付けられている大きな鏡を姿見のようにして身だしなみを整えたりする方は多いことでしょう。しかし、そもそもエレベーターに鏡を設置することは義務なのでしょうか。

まず、鏡が設置されている理由として一般社団法人日本エレベーター協会により、「車いすのお客様が乗り込んだ状態で、かごの中で回転ができない際、後ろ向きで出るときに後方を確認するため」という回答がなされています。

また、国土交通省総合政策局安心生活政策課によると、「駅などの公共交通機関についてはエレベーターを新設する際に鏡を設置することを省令として義務付けている」といい、通常のビルなどの建築物については法律や省令では定められていないものの、各地方自治体による福祉を目的とした条例で定められているようです。

細かなところではありますが、皆が暮らしやすい環境を整えているということは大事なことですね。

スポンサーリンク

エレベーターの鏡

エレベーターの保守などを手がけている三菱電機ビルテクノサービスが、2005年に800人を対象に実施した調査によると、「エレベーターに鏡が設置されている正しい理由」を知っていたのは19.6%となっています。

最も多い回答が「知らない・考えたこともない」という36.5%で、「犯罪防止のため」の20.6%、「あとから乗る人を確認するため」の7.3%、「身だしなみを整えるため」の5.0%と続きました。

エレベーターに鏡が設置されている理由の認知度が低いことについて、エレベーターを製造している三菱電機の広報担当者は、「車いすの方と同乗される際は、鏡の前に立って視界を遮らない、鏡を傷つけないなど、ご配慮をお願いします」と呼びかけています。

エレベーターに設置する鏡の基準については「日本エレベーター協会標準」というものが省令や条例で制定される前の昭和50年代には定められており、材質や設置場所が明記されています。

東京都では「日本エレベーター協会標準」を参考として、車いすを利用する当事者や学識経験者らの意見を取り入れて「東京都福祉のまちづくり条例」を制定し、条例施設整備マニュアルとして次のように仕様を定めています。

「かご入口正面壁面に、出入口状況確認用の床上40cmから150cm程度まである鏡(ステンレス製または安全ガラス等)を設ける。なお、出入口が貫通型(スルー型)、直角2方向型及びトランク付型のかごの場合には凸面鏡等でもよい」(※入り口と出口が反対にあるタイプが貫通型、90度の位置にあるのが直角2方向型。トランク付型は、救急搬送時などのために別スペースが確保されているタイプ)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です