自宅でレンタル鶏を飼育しておいしい卵を収穫しませんか

egg-150723

突然だが想像してみてほしい。
自宅で野菜を育てている人は、鶏もぜひ。

アメリカでは鳥インフルエンザの感染拡大を受け、鶏卵価格が高騰しています。そんな中で、ペンシルバニア州の夫妻が始めた「産卵鶏レンタルビジネス」への関心が高まっています。

「RentTheChicken.com」という「産卵鶏レンタルビジネス」は2013年夏に事業を開始し、現在ではアメリカ国内12州だけでなくカナダにも顧客を抱え、約200の顧客に産卵鶏を貸し出しています。

「産卵鶏レンタルビジネス」の利用料金は居住地によっても異なりますが、サービス価格は約400ドル(約4万9,500円)で産卵鶏2羽を4~6か月間借りることができます。

産卵鶏は通常1週間に8~14個の卵を産むといい、顧客は産卵鶏のレンタル期間終了時に産卵鶏を購入することも可能だとしています。

「産卵鶏レンタルビジネス」を始めたジェン・トンプキンスさん(38)は「食べ物がどこからやって来るのかが分かれば人々の考え方も変わり、トマトを育て、鶏ふんを堆肥にしたりするだろう」と話しています。

スポンサーリンク

家庭菜園の延長で鶏も飼育

アメリカでは家庭菜園が定着してきているといい、郊外の戸建て住宅では庭のスペースをいかして無農薬や有機栽培で野菜や果物を育てている人が少なくないようです。

また、こどもたちへの健康的な食生活指導の一環として、学校に農場を備えているところもあり、食への関心が高まっています。

その家庭菜園の新しい形として、鶏を個人で飼育する人たちも出始め、餌へのこだわりや、放し飼いにより飼育環境を向上させるなど、おいしく健康的な卵を食べることに力を入れるひとも多くみられるようになりました。
しかし経験のない人が鶏を飼育するのは難しいことに加え、アメリカでは近隣への影響や衛生面の問題から、州ごとに個人が鶏を飼育する際の基準が設けられているところが多い状況です。

また、鶏が病気にかかることや、ほかの動物から襲われることを防がなければならないなど、魅力はあれど敷居の高いのが鶏飼育でした。

それらの問題を解消するべく登場したのが「産卵鶏レンタルビジネス」です。

産卵鶏2羽に加えて、鶏小屋や餌、水や餌の容器などの必要な設備一式を合わせてレンタルでき、飼育する人はマニュアル通りに日々鶏の世話を行うだけで、新鮮な卵を収穫することができるとうたっています。

気になる卵の値段は…

冬には寒さ対策が必要なため、鶏のレンタル期間は4、5月~10、11月までとなっており、1週間に8~14個の卵が収穫できるとされています。

1週平均で11個、半年間の26週に換算すると286個、サービス代400ドルで計算すると1個あたりは約1.4ドル(約173円)。

日本のスーパーなどで販売されている普通の卵は1個15円~20円前後でしょうか、少しお高い卵だと1個50円前後で販売されていると思われます。通販などで「最高級卵」などと調べると1個750円のものも販売されています。

「産卵鶏レンタルビジネス」の卵はお高い値段にはなりますが、愛着を持って育てた鶏の卵は通常とは異なる価値があるでしょうし、食べ物に対するありがたみも感じ取れる教育にもつながるのかもしれません。

日本では難しいサービスですが、興味を惹かれますね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です