人間と犬の親密な関係は見つめあうことでオキシトシンが分泌

pet-150323

突然だが想像してみてほしい。
犬や幼いこどもの目を見ているとやさしい気持ちになるのはホルモンが関係しているということw。

人間と犬との親密な関係は、幼いこどもと母親との関係と同じく互いに見つめあうことで親密になっているという研究結果を麻布大学などがまとめ、アメリカの科学雑誌「サイエンス」に掲載されます。

親密な関係を形成する要素として、哺乳類が共通して持つホルモン「オキシトシン」が関わっていると考えられ、麻布大学などの研究チームは、犬が人間との生活に適応する中で培ってきた能力ではないかとしています。

人と犬の親密な関係 ホルモンが関わり:NHKニュース

スポンサーリンク

こどもと母親の関係と同じホルモン

幼いこどもと母親や互いに目を合わせ見つめあうことで親密な関係が生まれていると考えられており、哺乳類のメスが出産や授乳の際に分泌している「オキシトシン」というホルモンが関与していることがわかっています。
麻布大学などの研究チームは、家庭で飼われている犬と飼い主の30組を対象とした調査を行い、30分間触れ合った後に互いの尿に含まれるオキシトシンの濃度を測る実験の結果、飼い主をよく見つめて親密な行動を取っていた犬はオキシトシンの濃度が高く、飼い主も同様の傾向が見られました。

また、犬と共通の祖先をもつオオカミで実験した場合は、オオカミは飼い主の顔を見ることは少なく、オオカミと人間のいずれもオキシトシンの濃度に変化は見られませんでした。

この実験結果から、人間と犬との親密な関係はオキシトシンを介したメカニズムで作られており、この能力は犬が人間との生活に適応する中で培ってきたものだと考えられるとしています。

麻布大学共同研究員の永澤美保さんは「人に寄り添うことができる犬の習性をしっかり捉えれば、補助やセラピー以外にも活躍の場が生まれるのではないか」と話しています。

オキシトシン

脳の下垂体後葉から分泌されるホルモンで、「信頼する気持ちを強める」など、良好な対人関係が築かれているときに分泌されると考えられています。

妊娠や出産、授乳時に関わっており、女性に特有な機能に必須なホルモンとして発見されましたが、男性にも存在することが判明しています。

オキシトシンは「ふれあい」や「スキンシップ」で分泌され、頭をなでることや、ペットをなでることでも分泌されることがわかっています。

また、人間への投与実験で相手への信頼が増すことも判明しています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です