秋を楽しみ自転車で琵琶湖一周、滋賀県が休憩拠点を整備

commute-150204

突然だが想像してみてほしい。
自転車による琵琶湖一周はちょっとした冒険。

日本で一番大きな湖である琵琶湖を自転車で一周するために、滋賀県や滋賀プラス・サイクル推進協議会では、トイレ休憩や給水、自転車用工具の貸し出しなどのサービスが受けられる「ビワイチサイクルステーション」を琵琶湖岸の47カ所に開設しました。

ちょっと良い自転車であれば、初心者でも簡単に琵琶湖を一周することができ、琵琶湖や滋賀の自然、文化、歴史を味わうのに最適です。でも、万が一自転車がパンクした場合や、道に迷った場合、食事や休憩できる場所などあらかじめ準備をしておくに越したことはありません。

「ビワイチサポートプロジェクト」では、安心・快適に琵琶湖を一周できるようスポーツ自転車のレンタサイクルや、ビワイチサイクルステーションの設置などを行い、11月29日まで利用者アンケートを行い、今後のサービス向上につなげるとしています。

ビワイチサポートプロジェクト

スポンサーリンク

ビワイチサイクルステーション

ビワイチサイクルステーションが設置されるのは、コンビニエンスストアや道の駅、大型商業施設やファストフード店、自転車店など協力を得られた民間施設と琵琶湖岸沿いの主要な県立施設となります。

ビワイチサイクルステーションの入り口にはわかりやすく青いのぼりをたて、提供しているサービスをマークで表示するようになっています。

提供しているサービスは、トイレや休憩所などのほか、空気ポンプや自転車用工具の貸し出し、飲料水の給水が行え、原則的に無料で利用できるようになっています。一部有料のサービスとしては、シャワーの利用や宿泊している施設への手荷物配送などとなっています。

9月から11月の土日祝日には、米原駅西口のロータリー付近でスポーツ自転車のレンタサイクルがNPO法人五環生活によって行われており、9:00~17:00で一日3000円で貸し出されることになっています。乗り捨て可能なスポットも数か所用意されているので、琵琶湖一周までは張り切れないけれども少しの区間をサイクリングで楽しみたい、といったことも可能です。

滋賀県の三日月大造知事は「走行台数や宿泊施設の利用状況も調査し、2016年度以降の本格実施に向けて安心、快適なサポート環境を検討していきたい」としています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です