「 経済 」一覧

イオン、PB家電「トップバリュ デザイン家電」を展開

イオン、PB家電「トップバリュ デザイン家電」を展開

突然だが想像してみてほしい。 機能だけを重視した時代は過ぎ、おしゃれで便利にが家電にも求められていることを。 イオンは3月7日より、プライベートブランド(PB)「トップバリュ デザイン家電」を展開すると発表しました。「イオン」、「ダイエー」など全国約360店舗およ...

記事を読む

スカイマーク支援にサニーサイドアップ名乗り、応援歌を作成

スカイマーク支援にサニーサイドアップ名乗り、応援歌を作成

突然だが想像してみてほしい。 多くのスポーツ選手の広報を手掛けた会社が、再生を図る企業の広報としてどんな戦略を取るのかということを。 民事再生手続きを進めているスカイマークの支援企業として、スポーツ選手などのマネジメントや広報活動を行う大手PR会社のサニーサイドア...

記事を読む

ソニー「ウォークマン」事業のビデオ&サウンド部門を分社化

ソニー「ウォークマン」事業のビデオ&サウンド部門を分社化

突然だが想像してみてほしい。 自らの体を切り売りして利益を上げている企業に明日はあるのか。 ソニーは「ウォークマン」など携帯音楽プレーヤーを担当するビデオ&サウンド部門を2015年10月に分社化する方針を明らかにしました。2月18日に開いた2015年度から2017...

記事を読む

スマホ予約可能、セブンイレブン新しいチケット販売サービス

スマホ予約可能、セブンイレブン新しいチケット販売サービス

突然だが想像してみてほしい。 便利なコンビニがますます便利に発展し、各種サービスを自社で提供し始めていくことを。 セブンイレブンが新しいチケット販売サービスの提供を始めたことがわかりました。従来では店内のコピー機端末を操作して購入手続きを行っていましたが、スマート...

記事を読む

任天堂が健康事業参入、新端末は眠りや疲れを測れる健康支援

任天堂が健康事業参入、新端末は眠りや疲れを測れる健康支援

突然だが想像してみてほしい。 ゲームの世界を制した大企業が新しい分野に挑戦することを。 任天堂が新しい分野・新しい事業に挑もうとしています。次に柱とすべく目指しているのは健康事業で、眠りや疲れを測る新しい端末を開発し、スマートフォンやパソコンと組み合わせることで生...

記事を読む

JT(日本たばこ産業)が「ルーツ」など飲料製品から撤退

JT(日本たばこ産業)が「ルーツ」など飲料製品から撤退

突然だが想像してみてほしい。 名が知れ物が売れていても、利益にならなければ意味がないことを。 日本たばこ産業株式会社(JT)は2月4日、飲料事業から撤退することを発表しました。2015年9月末を目途にJT飲料事業部、ジェイティ飲料株式会社で行っているJT飲料製品の...

記事を読む

確定申告で税金還付、医療費控除にふるさと納税の寄付金控除

確定申告で税金還付、医療費控除にふるさと納税の寄付金控除

確定申告をすると税金が還付される場合があります。面倒くさいと思われがちですが、控除を受けられる可能性のある人は確定申告をして税金を取り戻しましょう。 確定申告をすると税金が還付される可能性のある人は、 パート先などで年末調整を受けなかった人 パート勤務で給...

記事を読む

コストコは年会費4000円で営業利益のほとんどを稼ぎ出す

コストコは年会費4000円で営業利益のほとんどを稼ぎ出す

突然だが想像してみてほしい。 小売業が利益を生み出す方法は、物を売るだけではないということを。 アメリカ生まれの「コストコ」、足を運んだことのある人も多いのではないでしょうか。 日本では全国に20店舗、国外10か国約650店舗を構える大手小売チェーン店ですが...

記事を読む

東京ディズニーランド・シーが500円値上げします

東京ディズニーランド・シーが500円値上げします

突然だが想像してみてほしい。 夢の国といえど経済活動を行わないとダメだということを。 東京ディズニーランド・ディズニーシーの入場料が4月1日より、現在の6,400円から500円値上げすることが発表されました。運営する株式会社オリエンタルランドが、下記の通り料金改定...

記事を読む

携帯と光回線のセット割ドコモ光パックは家族最大3200円割引

携帯と光回線のセット割ドコモ光パックは家族最大3200円割引

突然だが想像してみてほしい。 NTTドコモでもついに「セット割」が始まり、新規ばかりの優遇が少しは改善されることになるかもしれないことを。 NTTドコモは携帯電話とインターネット光回線を合わせて契約することによる料金割引制度「ドコモ光パック」を3月1日から始めると...

記事を読む

スポンサーリンク