15分で40℃超、命の危険がある夏場の車内こども放置は厳禁!

car-150207

突然だが想像してみてほしい。
たった15分で命の危険にさらされる車内へのこども放置は厳禁。

こどもたちは夏休みに入り、海や山へとドライブに出かけるなど家族で車を使う機会も増える季節です。しかし、毎年のように繰り返されてしまう乳幼児の車内放置による死亡事故は痛ましい限りです。

「コンビニによるほんの少しの時間だけ」と思い、こどもを車内に残したままにすることは大変危険です。

JAF(日本自動車連盟)が調査した、真夏の車内温度の計測結果から危険性を検証してみましょう。

真夏の車内温度:JAF

スポンサーリンク

炎天下の車内温度

JAFは2012年8月22日・23日、炎天下での車内温度の変化を調査するための実験を行いました。

実験では条件の異なる同一車を5台使用、4時間の温度推移を計測する方法がとられ、それぞれの車内のダッシュボード部分や車体表面のルーフ部分の温度を測定、さらにサーモグラフィが設置されています。

5台の車の条件はそれぞれ次のようになっています。

  1. 車体色白、エンジン停止、窓を閉め切った状態
  2. 車体色黒、エンジン停止、窓を閉め切った状態
  3. 車体色白、車内フロントガラス側に銀色サンシェード装着
  4. 車体色白、前後席の窓ガラスを3cm程度開ける
  5. 車体色白、オートエアコンを25℃で作動

また時間は午後0時、外気温は35℃、各車内の温度は25℃にそろえた状態で計測が開始されました。

条件2は、計測開始から5分後、車内温度は35℃を超え10℃も温度が上昇。さらに5分経過後には37.8℃と人間の体温を超えるまでになりました。

そして1時間20分後にはダッシュボード部分の温度がテスト中最高となる74℃を記録。同時刻の条件3は車内温度には違いはないものの、ダッシュボード部分については49℃と25℃も低くなりました。

1-車体色白、エンジン停止、窓を閉め切った状態

  • 車内     温度 平均47℃、最高52℃
  • ダッシュボード温度 平均66℃、最高74℃
  • 車体(ルーフ)温度 平均42℃、最高47℃

開始1時間ほどで車内温度は48℃に達する。

2-車体色黒、エンジン停止、窓を閉め切った状態

  • 車内     温度 平均51℃、最高57℃
  • ダッシュボード温度 平均70℃、最高79℃
  • 車体(ルーフ)温度 平均49℃、最高63℃

白色の車よりも全体的に高くなる。

3-車体色白、車内フロントガラス側に銀色サンシェード装着

  • 車内     温度 平均45℃、最高50℃
  • ダッシュボード温度 平均48℃、最高52℃

ダッシュボードの温度は抑制されるものの、車内温度はない場合と変わらず。

4-車体色白、前後席の窓ガラスを3cm程度開ける

  • 車内     温度 平均42℃、最高45℃
  • ダッシュボード温度 平均66℃、最高75℃

車内温度は多少抑えられるが、それでも40℃を超える。

5-車体色白、オートエアコンを25度で作動

  • 車内     温度 平均26℃、最高27℃
  • ダッシュボード温度 平均53℃、最高61℃

車内温度はエアコン設定値で推移、万が一のエンジン停止やアイドリングを続けることによる環境面への懸念、防犯に問題が残る。

あわせて、気温・温度・輻射熱から熱中症の危険度が計測できる熱中症指標計による測定も行われました。

熱中症指標計では測定値を危険度により5段階に分けており、18~21℃は「ほぼ安全」、21~25℃は「注意」、25~28℃は「警戒」、28~31℃は「厳重警戒」、31℃~は「危険」となりますが、炎天下の車内ではどのようになるのでしょうか。

結果は、エアコン(エンジン)停止から、5分後には「警戒」、10分後には「厳重注意」、そして15分後には最高レベルである「危険」にまで到達することがわかりました。

「すぐ戻るから」、「こどもが寝ていたから」といった理由で、車内にこどもを残したまま車を離れることは大変危険な行為です。とくに乳幼児は体温調節機能が未発達なので、さらなる注意が必要です。

たとえわずかな時間でも、こどもはもちろん犬などの動物も車内にいるべきではなく、放置しないことが大切です。また、ダッシュボード部分は70℃を超える場合もあり、ライターなど危険物や、熱に弱いものを置くことは厳禁です。

ドアロックによる事故も

JAFの調査によると、「こどもを車内に残したままのドアロック」したための事故が、かなりの件数となっていることが明らかになっています。

2014年7月1日~8月31日の2か月間の期間で、「こどもを車内に残したままのドアロック」でJAFが出動した件数は全国で438件にのぼり、単純に毎日7件以上は発生していることになります。

このうち一刻も早い開錠が必要な緊急性の高いものについては、時間を要する通常の開錠作業ではなく、ドアガラスを割るなどして車内のこどもを救出したケースも9件あるといいます。

一歩間違えればこどもの命にもかかわる大事故に発展することもあり、細心の注意が必要だということがわかります。

JAFの聞き取り調査では、「こどもを車内に残したままのドアロック」の原因として、「こどもが誤ってロック操作をした」ということが最も多く挙げられているといいます。

また、JAFのアンケートによると「こどもを車内に残したまま車を離れたことがある」という経験を持つ人は28.2%にも上ります。こどもの誤操作に気を付けるだけではなく、車内にこどもだけを残して車を離れることは適切ではありません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です