プロボクサー服部海斗さん17歳で死去、白血病で闘病中

boxing-150224

突然だが想像してみてほしい。
リングで戦った若者は、病気にも懸命に戦ったということを。

白血病で闘病されていたプロボクサー・服部海斗さん(大成ジム)が24日午前11時、17歳の若さで亡くなられました。原因は慢性骨髄性白血病のため、と所属ジムの丸元大成会長が発表しています。

服部海斗さんは、2013年12月にプロデビュー後、2014年3月に白血病であることが発覚し、父親の骨髄を移植する手術を行い、一時は回復傾向にありましたが再発し、2015年年明けから容態が悪化してました。

IBF、WBO世界ミニマム級統一王者・高山勝成さん(31)や、元所属のグリーンツダジムなどが募金を集め、服部海斗さんの闘病を支援していましたが、病魔に打ち勝つことは出来ませんでした。

丸元会長は「1年にわたって、闘病を続けてきて、本当によく頑張ったと思う。最後の最後まで、ボクサー魂を見せてくれた。ゆっくり休んでほしい」とコメントしておられます。

通夜は25日午後6時から、葬儀・告別式は26日午後1時30分から、大阪市立やすらぎ天空館(大阪市阿倍野区)で行われるということです。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

服部海斗さん

1997年7月10日生まれ、享年17歳。

小学4年生からボクシングを始め、6年生の時にはU-15全国大会35kg級で優勝するなど将来への期待は高く、井岡弘樹さんの持つ日本国内最年少世界王者記録の更新を目指しました。

しかし、日本ボクシングコミッション(JBC)の規定で、プロテスト受験資格は17歳からと定められていたため、2013年12月フィリピンでプロデビューを果たしたとき、服部海斗さんは16歳でした。

大きな夢を抱いた服部海斗さんのプロ戦績は、デビュー試合の「1引き分け」だけとなってしまいました。

慢性骨髄性白血病

赤血球・白血球・血小板といった血液細胞は骨髄でつくられ、骨髄中には血液細胞の基になる「造血幹細胞」が存在しています。この「造血幹細胞」の遺伝子が後天的に変異し、血液において白血球や血小板が増加する血液腫瘍が慢性骨髄性白血病です。

日本での年間発症率は、人口10万に対し約1人と言われ、すべての白血病の約2割を占めています。男性が女性の1.3~2.2倍程度とやや多く、発症年齢は45~55歳が多いとされています。

慢性骨髄性白血病の原因となる造血幹細胞の遺伝子の異常がなぜ起こるかはわかっておらず、放射線被爆により慢性骨髄性白血病の発症率が高まることは知られていますが、その原因もまたわかっていません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です