メイウェザーVSパッキャオ、ボクシング最強は5月2日正式決定

boxing-546143_1280

突然だが想像してみてほしい。
無敗の5階級制覇王者、史上2人目の6階級制覇王者、「最強」をかけついに対戦が決定。

47戦47勝とボクシング史上初めて無敗のまま5階級制覇を達成した「フロイド・メイウェザー・ジュニア」、史上2人目の6階級制覇王者「マニー・パッキャオ」、2009年より「夢の対戦」・「幻の対戦」といわれ期待された対戦が「2015年5月2日」に実現することが正式決定したと報じられています。

対戦場所は「格闘技界の殿堂」とも呼ばれるアメリカラスベガス、MGMグランド・ガーデン・アリーナです。

プロモーターのボブ・アラム氏は「ここまでこぎつけるまで一筋縄にはいかなかった。50年近くボクシングのプロモーターをしてきたが、これほどまでに興奮させてくれる試合はない。紆余曲折あったからなおさらだ。」と語っています。

「パウンド・フォー・パウンド」(全階級を通して最強チャンピオン)との呼び声高い「フロイド・メイウェザー・ジュニア」は「自分は史上最強のボクサー。世界中のボクシングファン、ならびにスポーツファンは5月2日に偉大なものを目撃することになるだろう」と発言しています。

また、「フィリピンの英雄」、「マニー・パッキャオ」は「この対戦を長年待ちわびていたファンに見せられることがうれしい。このような歴史的なイベントに自分が参加できることは光栄なこと。フィリピンを代表してこの試合にすべてを捧げる」と闘志を燃やしています。

2009年に対戦交渉を行って以来、実現することなくボクシングファンが長く待ち望んだ「世界最強決定戦」は、ようやく、ようやく陽の目を見ることとなりました。

メイウェザーは37歳、パッキャオは36歳と2人ともに「全盛期」とは言えないのかもしれません。それでもまだなお、世界チャンピオンである両者の対戦が盛り上がることは必至です。

5月2日は歴史的な一日となることでしょう。

ついに実現!メイウェザーVSパッキャオ“世紀の決戦”は5月2日
http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2015/02/21/kiji/K20150221009848730.html

スポンサーリンク

対戦までの紆余曲折

メイウェザーVSパッキャオ、ボクシング最強は5月2日正式決定
突然だが想像してみてほしい。 無敗の5階級制覇王者、史上2人目の6階級制覇王者、「最強」をかけついに対戦が決定。 47戦47勝とボクシング史上初めて無敗のまま5階級制覇を達成した「フロイド・メイウェザー・ジュニア」、史上2人目の6階級制覇王者「マニー・パッキャオ」...

「メイウェザー」対「パッキャオ」という「夢の対戦」・「幻の対戦」、「ボクシング世界最強決定戦」が実現せず、障害となってきた要素は大きく4つが挙げられていました。

  • 「薬物検査の方法」
  • 「ファイトマネーの等の収益分配方法」
  • 「パッキャオのプロモーター、ボブ・アラム氏とメイウェザーの確執」
  • 「テレビ局HBOとショウタイムの放映権問題」

「フロイド・メイウェザー・ジュニア」

「フロイド・メイウェザー・ジュニア」はボクシング現役最強王者と言われ、アマチュアで90戦84勝6敗、アトランタオリンピックフェザー級で銅メダルを獲得後、プロデビューを果たしました。1996年10月のプロデビューから現在に至るまで47戦47勝(26KO)の戦績で、5階級制覇を成し遂げています。

「マニー・パッキャオ」

「マニー・パッキャオ」はアマチュアでの戦績は64戦60勝4敗、1995年1月のプロデビュー後、次々と階級を上げていき、数々の名王者、超一流と言える選手を圧倒していき、現在まで64戦57勝(38KO)5敗2分の成績を残し、史上2人目の6階級制覇王者となっています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です