安いと思い買うシャンプー「詰め替え用」、実はボトル入りのほうが安価?

bottle-151229

突然だが想像してみてほしい。
最初に選ばれる製品になることが何よりも重要であるということ。

シャンプーやリンス、台所用洗剤やハンドソープなど多くの消耗品について「詰め替え用」を購入し、最初に購入したボトルなどに詰め替えて使用している人は多いでしょう。ボトルという大きく無駄なごみが減らせることに加えて、ボトルよりも安価に販売されており何も言うことはないように思えます。

でも、実は「詰め替え用」として販売されているものは「ボトル入り」のものよりも内容量は少なく、量換算してみると価格も「ボトル入り」のほうが安価となる場合がほとんどです。

「詰め替え用」の内容量が少ない理由についてメーカーでは、「ボトル内に残っている場合に、新しく注ぎ足しても溢れないようにしている」としており、もちろん理由のひとつではあるのでしょうが、もうひとつ大きな理由が見えてきます。

スポンサーリンク

詰め替え用は安い、に騙されない

テレビCMで有名なあるシャンプーでは、480mlボトル入りのものが「税込492円」で、詰め替え用は340mlで「税込360円」前後で販売されています。これを100mlあたりの価格に換算してみると、ボトル入りは「102.5円」で詰め替え用は「105.8円」とわずかではありますが「詰め替え用」のほうが高くなってしまいます。

他にも無添加をうたうシャンプーでは、350mlボトル入りが「483円」で、詰め替え用は300mlで「580円」と内容量も少ないうえに価格も高いケースも見られます。

これらは特別な事例ではなく他の多くの製品でも「詰め替え用」のほうが割高になる場合がみられます。

この「詰め替え用」よりも「ボトル入り」のほうが安くなる理由として、大手メーカーの社員は「詰め替え用が割高というわけではなく、ボトル入りの製品価格が低く設定されている」と打ち明けます。

メーカーとしては製品を継続して購入してもらうための大前提として、ボトル入りの製品を購入してもらう必要があります。その最初の製品として選ばれるためにもボトル入りの製品は価格が低く抑えられているということになります。

また、詰め替え用の内容量が少ないのは、詰め替え時に注ぎ足したものがあふれ出ないようにするという「公式」な意味合いもあるでしょうが、「詰め替え用」の割高感を抑えるための狙いだともいえるでしょう。

ドラッグストアなどシャンプーやボディーソープといったボトル入りの商品は継続的に安売りをしている印象がありますが、それだけ「最初の製品」に選ばれ、今後継続して購入されることに期待しているということです。

継続して購入してもらうために最初のものを価格を抑えて販売するというのは、雑誌などでも創刊号を極めて安価に売り出し、以後の定期購読者の獲得を狙う手法と同様だといえ、消費者が継続して購入してくれることで初回の安売り分は回収できるということでしょうか。

もちろん、すべての商品、メーカーが同じような戦略をとっているわけではなく、一概に詰め替え用よりもボトル入りのほうがお得、というわけではないでしょうが、なんとなく「詰め替え用」を購入していた人は調べてみるのも面白いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です